[MFJ]JRR Rd.2 ST600決勝 大崎誠之が圧倒的な強さで優勝!

ホールショットは横江竜司が奪い、ポールポジションの大崎誠之と続く。オープニングラップから、この2台が3番手以下を引き離し、一騎打ちとなるかと思われたが、2周目の1コーナーでトップに立った大崎が、序盤から1分54秒台に入れ横江を引き離し独走。そのままトップを守りきり開幕戦を制した。2位に横江。3位争いはデチャ・クライサーと稲垣誠の一騎打ちとなっていたが、残り2周でスパートをかけたデチャが稲垣を引き離しチェッカーを受けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る