[MFJ]JRR Rd.2 ST600決勝 大崎誠之が圧倒的な強さで優勝!

ホールショットは横江竜司が奪い、ポールポジションの大崎誠之と続く。オープニングラップから、この2台が3番手以下を引き離し、一騎打ちとなるかと思われたが、2周目の1コーナーでトップに立った大崎が、序盤から1分54秒台に入れ横江を引き離し独走。そのままトップを守りきり開幕戦を制した。2位に横江。3位争いはデチャ・クライサーと稲垣誠の一騎打ちとなっていたが、残り2周でスパートをかけたデチャが稲垣を引き離しチェッカーを受けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る