[MFJ]JRR Rd.2 J-GP2予選 高橋裕紀が終始トップをキープしてポールポジション!

J-GP2クラスの公式予選は、25分遅れで始まった。序盤から高橋裕紀が52秒491でトップに立ち、生形秀之、岩田悟が53秒台、関口太郎、日浦大治朗らが続く。中盤にかけて各ライダーが少しずつタイムアップ。生形も52秒913まで上げてくる。後半、高橋が52秒244に上げると、チームを一新した関口がそれまでの53秒中盤から52秒854までタイムを更新し。2番手に浮上した。

セッション終盤、各ライダーとも最後のアタックを行い、生形が52秒758までアップし、関口も52秒605まで更新するという激しい2番手争いも見られた。しかし高橋のトップは揺るがず、最終ラップに52秒177までタイムを更新した高橋が、この大会で昨年に引き続きポールポジションを獲得した。2番手は関口、生形とここまでが52秒台、4番手には日浦、岩田、岩崎哲朗と続く。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る