[MFJ]JRR Rd.2 ST600予選 大崎誠之ワンラップアタックでポールポジション獲得!

ブリヂストンのワンメイクタイヤ制の導入が注目されるST600クラスの予選。予選〜決勝までに使用できるタイヤは1セットだけに、どのタイミングでどのライダーがアタックするのか、興味深いセッションとなった。セッション序盤は地元RSCの田尻 克行が1分55秒114でトップをキープ。しかし、中盤にYamaha Thailand Racing Teamの3人、横江 竜司、チャランポン・ポラマイ、デチャ・クライサーが2〜4位へと揃って浮上。横江はさらに1分55秒038まで上げてトップに立つ。

しかし、金曜日のART走行でも54秒台のトップタイムをマークしていた大崎誠之が、セッションの終盤近くにそれを上回る54秒248で一気にトップを奪って、そのままポールポジションを獲得した。しかも、コースインした次のワンラップでマークし、その次の周回を終えてピットに戻るというものだ。2番手は横江、3番手に田尻と続き、4番手には残り数分でタイムアップした近藤 湧也が55秒295、チャランポン、そして16才の榎戸育寛が55秒439をマークして6番手となった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る