[MFJ]JRR Rd.2 J-GP3予選 真崎一輝、逆転で早くも全日本初ポールポジション!

J-GP3の今季開幕レースとなるオートポリス大会。快晴のレース日和となった。J-GP3クラスの予選は、金曜日のART走行でいきなりトップタイムをマークしたルーキーの真崎一輝が1分58秒057で真っ先にモニターのトップに立つ。その真崎を國峰啄磨が57秒662で逆転、真崎も57秒751まで上げてセッション前半を終了。3番手には古市右京が58秒141で付けていた。

セッションの終盤も真崎と國峰のティーンエイジャーによるポールポジションの争いは激しくなる。國峰が57秒201までタイムアップすると、真崎も57秒6、57秒4、57秒3とコンマ1秒ずつ周回ごとにタイムを削っていく。そして、最終ラップ、57秒144をマークして逆転で全日本初参戦で初ポールポジションを獲得した。2番手は國峰、3番手には57秒800で栗原佳祐、57秒886で関野海斗とユースカップ登録ライダー、そしてベテランの古市、徳留真紀が続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る