[MFJ]JRR Rd.2 J-GP3予選 真崎一輝、逆転で早くも全日本初ポールポジション!

J-GP3の今季開幕レースとなるオートポリス大会。快晴のレース日和となった。J-GP3クラスの予選は、金曜日のART走行でいきなりトップタイムをマークしたルーキーの真崎一輝が1分58秒057で真っ先にモニターのトップに立つ。その真崎を國峰啄磨が57秒662で逆転、真崎も57秒751まで上げてセッション前半を終了。3番手には古市右京が58秒141で付けていた。

セッションの終盤も真崎と國峰のティーンエイジャーによるポールポジションの争いは激しくなる。國峰が57秒201までタイムアップすると、真崎も57秒6、57秒4、57秒3とコンマ1秒ずつ周回ごとにタイムを削っていく。そして、最終ラップ、57秒144をマークして逆転で全日本初参戦で初ポールポジションを獲得した。2番手は國峰、3番手には57秒800で栗原佳祐、57秒886で関野海斗とユースカップ登録ライダー、そしてベテランの古市、徳留真紀が続いた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る