[HONDA]シーラインクロスカントリーラリー Rd.3 ゴンサルヴェス選手が第3ステージで優勝

シーラインクロスカントリーラリーの3日目、パウロ・ゴンサルヴェス選手(Team HRC)が今大会での初勝利を挙げました。後方からスタートしたゴンサルヴェス選手は、ライバルたちを追い上げて1位でゴール。総合のランクを4位まで上げました。

不利な1番手からのスタートとなったホアン・バレダ選手(Team HRC)は、途中まで快調な走りでレースをリードしていましたが、ナビゲーションのミスで進路から外れてしまい、大幅にタイムをロス。7位でのフィニッシュとなり、総合ランクを6位に落としました。

ジェレミアス・イスラエル選手(Team HRC)は、前日に負った右腕のケガが回復しておらず完走を断念。およそ70kmを走行したところでリタイアとなりました。イスラエル選手はしばらく休養をとり、5月17日(日)〜23日(土)にアルゼンチンで開催されるデサフィオ・ルータ40からの戦線復帰になりそうです。

明日もライダーたちは、400km超のロングコースでの戦いに挑みます。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る