[Aprilia]SBK Rd.4 L・ハスラムが2レースとも4位入賞

2015年スーパーバイク世界選手権のシーズン第4戦決勝が4月19日、オランダのアッセンにて開催され、アプリリアレーシングチーム-レッドデビルスのL・ハスラムはトップ集団の中で激しいバトルを繰り広げ、J・トーレスは予選グリット3列目8番手スタートから順位を上げた刺激的な日曜日となりました。

L・ハスラムは表彰台争いの激しいバトルを展開し、特にレース2の残り10周あたりでは、表彰台を狙い猛烈な追い上げを見せ、多くの観客を沸かせました。

サーキットの特性と、彼のライディングスタイルによるフロンタイヤの摩耗によって、両レース共に4位でフィニッシュし、表彰台は逃したものの、ランキングでは依然としてライダー及びマニュファクチャラー共に2位の座をキープしています。

一方のJ・トーレスは、レース中のペースは彼の成長ぶりを実感でき、一時は順位を落とすも両レース共に6位入賞を果たし、順調にWSBKでの戦闘力を増しています。また、併催されたスーパーストック1000の第2戦も行われ、アプリリアRSV4 RFで参戦するTeam NuovaM2レーシングのロレンツォ・サルバドーリは、ポールトゥーウィンを達成し、アプリリアの市販車が持つ高いポテンシャルを証明する結果となりました。

次戦はイタリアのイモラにて開催されます。引き続きアプリリアレーシング-レッドデビルスへの応援をよろしくお願い致します。

■ライダーコメント

レオン・ハスラム
「 2つのレースは同じような展開だった。ペースは良かったし、トップ集団についていくことができたけど、最終ラップでフロントタイヤ右側のグリップを失ったんだ。でも、かなりハードにプッシュしなければならなかったから、ハードタイヤだったとしても状況は変わらなかったんじゃないかな。これからチームとデータを分析して改善していくよ」

ジョルディ・トーレス
「私は最初の6-7ラップのまだタイヤがフレッシュで、燃料が満タンの状態の時にプッシュが足りないんだ。レースの中盤では他の速いライダーと同じペースで走れたから、レース序盤で失った分を取り戻すのは大変だよね。だから予選でもっと前のグリッドに立てれば、表彰台を争うレースが出来る様になるね。」

レース結果とポイント

【レース1】
優勝 65 J.レイ カワサキ ZX-10R
第2位 7 C.デイヴィス ドゥカティ 1199 Panigale R
第3位 60 M.F.デル・マーク ホンダ CBR1000RR SP
第4位 91 L.ハスラム アプリリア RSV4 RF
第5位 66 T.サイクス カワサキ ZX-10R
第6位 81 J.トレース アプリリア RSV4 RF

【レース2】
優勝 65 J.レイ カワサキ ZX-10R
第2位 7 C.デービス ドゥカティ 1199 Panigale R
第3位 60 M.F.デル・マーク ホンダ CBR1000RR SP
第4位 91 L.ハスラム アプリリア RSV4 RF
第5位 66 T.サイクス カワサキ ZX‐10R
第6位 81 J.トレース アプリリア RSV4 RF

【ライダーズスタンディング】
第1位 65 J.レイ カワサキ 190ポイント
第2位 91 L.ハスラム アプリリア 140ポイント
第3位 7 C.デイヴィス ドゥカティ 123ポイント
第4位 66 T.サイクス カワサキ 88ポイント
第5位 81 J.トレース アプリリア 83ポイント
第6位 1 S.ギュントーリー ホンダ 65ポイント

【マニュファクチャラーズスタンディング】
第1位 カワサキ 190ポイント
第2位 アプリリア 140ポイント
第3位 ドゥカティ 135ポイント
第4位 ホンダ 90ポイント
第5位 スズキ 51ポイント
第6位 MVアグスタ 33ポイント

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る