オーリンズ、「ショックアブソーバー」緩衝機能が低下して走行安定性を損なう恐れ

オーリンズを取り扱うカロッツェリアジャパンは、一部のリアショックアブソーバーにおいて、2015年4月21日に国土交通省に自主改善の実施に関する届出を行い、無償点検修理を実施することを発表した。

以下、プレスリリースより

この度、ご愛用頂いておりますリアショックアブソーバーにおきまして、不具合が発生するおそれがある事が判明したため、平成27年4月21日に国土交通省に自主改善の実施に関する届出を行い、無償点検修理を実施いたしますことをご案内申し上げます。ご多忙の折、誠に恐縮ではございますが、お買い求め頂きました販売店までご相談頂きます様、お願い申し上げます。

点検修理を行うにあたって、車両からの脱着作業等が必要になります。ご購入頂きました販売店までご相談頂きます様、お願い申し上げます。

国土交通省への自主改善の届出について

■該当商品
アフターマーケット向けオーリンズ製リアショックアブソーバーの一部

■該当品番
・AP340 
・BM340 
・BM342 
・DU339 
・DU339P 
・DU340 
・DU868 
・HO339
・HO340 
・HO358 
・KA035の一部 
・KA040の一部 
・KA336 
・KA338 
・KA340
・SU026の一部 
・SU339 
・SU340 
・SU357 
・SU932 
・TR339 
・YA339
・YA340 
・YA358 
・YA359 
・YA931の一部

※各商品のパーツナンバー及び該当バッチナンバーの確認方法及び一覧は下記の通りです。

該当確認 弊社にて該当商品出荷先が管理されています。販売店よりダイレクトメール等通知がございますが、念のためお客様からの確認をお願いします。また、購入時にお渡ししております保証書もご用意ください。

※今回は弊社より販売した該当商品に対する自主改善になります。

不具合の内容 ショックアブソーバーの一部において、ショックアブソーバー内のピストンとピストンシャフトを締結するナット部の締め付け工程が不適切なため、正しいトルクで締めていても緩む場合があります。その為、そのままの状態で使用を続けると、当該ナットが外れ、緩衝機能が低下して走行安定性を損なう恐れがあります。

※国内においてクレーム及び事故件数の実績はございません。

対策方法 ショックアブソーバーを分解し、該当部分の再組み立てを行います。また完了後はマーキングを行い、作業終了の識別をいたします。今回の作業は車両からの脱着作業を含みます。車両ごとお預かりになる場合もございますので、必ず事前に購入店までご連絡いただき、相談頂きます様、お願い申し上げます。安心してお乗り頂くためにも、早めの点検修理の実施をお願い申し上げます。

オーリンズ ショックアブソーバー自主改善対象一覧

■パーツナンバー及びバッチナンバーの確認方法
パーツナンバー、バッチナンバーはショックアブソーバー本体とパッケージに表記がございますのでご確認ください。

■問い合わせ先
株式会社カロッツェリアジャパン
2W営業グループ
株式会社カロッツェリアジャパン2W営業グループ
〒121-0076 東京都足立区平野1-12-16
TEL:03-5851-1853 
FAX:03-5851-1861

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る