[PIRELLI]MXGP and MX2 with Desalle and Herlings

今年も、Pirelli’s SCORPION MX32はFIMモトクロス世界選手権に参加する多くのライダー達をサポートします。

ピレリはYouthstreamによりプロモーションされているこのチャンピオンシップの公式タイヤサプライヤーの一つで、市販タイヤと同じタイヤを使用しながら、62ものタイトルを獲得しています。

2015年シーズンの初戦はカタール ロサイルサーキットで夜に開催されました。これは3年連続のことです。

The SCORPION MX32 80/100-21フロントとSCORPION MX32 110/90-19は、ピレリのチャンピオンたちの活躍を支えました。Tony Cairoliは9個目のタイトルに向けてチャレンジし、若きJeffrey Herlingsはすでに2回もチャンピオンとなり、Jordi Tixierも昨年に続きMX2のタイトルを狙っています。

2008年にチャンピオンになったDavid Philippaertsも、ピレリライダーの一人です。トップライダーの一人、Max Naglもピレリタイヤとともにホールショットを獲得し、2つのレースで勝利しました。Clement Desalleも、スズキでチャンピオンシップを戦います。

レースはNakhonchaisriへと場所を移し、スーパークロススタイルのトラックになっており、ピレリのライダー達はSCORPION MX 32により、再び素晴らしい結果を残しました。

SCORPION MXはVilla La Angosturaで行われたアルゼンチンラウンドにおいて2クラスで表彰台を独占しました。

ピレリはMXGPにおいて、Desalleによってチャンピオンシップをリードしています。MX2クラスではHerlingsが、第1レースでのリタイアにも関わらず、第2レースでの優勝により、レッドプレートを維持しています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る