[YAMAHA]WMX Rd.4 フェーブルがMXGPで再びトップ3

■大会名称:2015年第4戦トレンティーノGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年4月19日
■開催地:アルコ・ディ・トレント
■サーキット全長:1,700

FIMモトクロス選手権第4戦トレンティーノ・グランプリが今シーズン初のヨーロッパラウンドとしてピエトラムラータ・サーキットに32,000人の観客を集めて開催された。ここで、Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルがYZ450FMを駆って再びヒートトップ3フィニッシュを果たし、総合4位となった。

ピエトラムラータはコンパクトなイタリアのサーキット。路面はバンピーでハードパック。石まじりのダートはライダーたちにとって滑りやすいコースとなった。

フェーブルは土曜日の予選ヒートで好走して5位に入った。フランス人ライダーのフェーブルは日曜日の決勝に向けて更にセットアップを詰めるべく、異なるリアタイヤを試し、第1ヒート終了後にはフロント・サスペンションのセッティングを変更した。フェーブルは、30分と2周で争われる両ヒートとも強力なスタートを見せ、第1ヒートではC・ドゥサル(スズキ)に続きトップ5内を走行するが、不覚にもバイクをストールさせてしまう。その後過酷なコースに流れをやや失ったフェーブルは、G・ポラン(ホンダ)の先行を許して7位でフィニッシュした。

第2ヒートではフェーブルが再び主役のひとりとなった。トップに近いポジションで周回を重ね、ドゥサル、R・ビロポート(カワサキ)と3位争いを展開。ビロポートがクラッシュし、続いてドゥサルも同じ周に転倒すると、フェーブルは2位を行くA・カイローリ(KTM)の追撃を開始する。世界チャンピオン、カイローリをほぼ制しかけたところでフィニッシュラインを通過。フェーブルは3位となった。両ヒートを7位と3位で終えたフェーブルの総合成績は4位となり、シリーズのポイントランキングでも同じく4位に浮上した。

ジェレミー・ファン・フォルベークは土曜日の予選ヒートで不運にも転倒を喫してしまう。この結果、ゲート位置は19番手となったファン・フォルベークだったが、第1ヒートを好走。6位でフィニッシュした。続く第2ヒートではスタートで出遅れたものの順位を大いに挽回して行く。1周目を12位で終えると、1度目の転倒までに5位まで上がる。しかしウエーブセクションに入る際にトラクションを失い、2度目のアクシデントが発生。ここでリタイアを余儀なくされた。左足を傷めたファン・フォルベークは検査のためメディカルセンターへと向かった。

DP19 Racing YamahaのD・フィリッパーツは母国開催されるグランプリ2戦のうちの最初の1戦に自チームとともにやって来た。第1ヒート、元世界チャンピオンはスタート時の自身のライディングに満足しなかったものの、ラップタイムを向上させて13位でフィニッシュした。第2ヒートの走り出しは良く、はじめのアプローチに更に集中したフィリッパーツは速さを増し、T・サール(KTM)とT・ウォータース(ハスクバーナ)をかわして8位でゴール。総合成績では9位となった。

次戦の舞台はサンドコース。全18戦で争われるMXGP第5戦は来週、2015年スケジュールでは初となるオランダに移動し、グランプリ開催サーキットとして30年以上の伝統を誇るファルケンスワールトのユーロサーキットで行われる。

コメント
■R・フェーブル選手談(7位/3位)
「グッドGP! この週末の始めはコースに少し苦労した。すごくハードで滑りやすい。過去2年、ここに来ているけどこんなに滑りやすかったという記憶はない。土曜日は予選ヒートがかなり良くて、日曜日には違うリアタイヤを装着して、第1ヒートの後にはフロントフォークのセッティングも変えて自信を深めた。第1ヒートはドゥサルの後ろの5位につけていた時にミスしてバイクをストップさせてしまった。タイムをロスしてポランに抜かれてひとつポジションを落とし、それからリズムが狂ってしまった。これはあまりよろこべないね。第2ヒートのスタートも良くて、始めから前に出られた。かなり良い追い抜きをして、ドゥサルの後ろに、彼がミスするまで長い間続いていた。それからカイローリを捉えて接近した。コースの一部では僕の方が速くて別なところでは彼の方が速い。だから接近するのは大変だった。それでも最終ラップにはかなり近づいたよ! シーズンの良いスタートで、これ以上の満足はないね」

■J・ファン・フォルベーク選手談(6位/DNF)
「何が起こったのか、どう説明したらいいのかわからない。限界を超えてプッシュしたわけではないけど、それでも転倒した。ここ数年よりもこのGP序盤戦での方が多く転倒しているくらいだよ!物事は好転すると自分に言い聞かせているけど、早くそうなることが必要だ。ずっと痛みを押してライディングしている時は失うものが多いからね。左足に痛みがあるので、次の週末に向けて治さなければならない」

■D・フィリッパーツ選手談(13位/8位)
「良い感じだし、第2ヒートは素晴らしかった。第1ヒートの序盤に自分のラップタイムがなぜあれほどかけ離れていたのかわからない。それで第2ヒートのスタートはかなりプッシュした。トップ10内にとどまっていて、サールを抜いて8位に届いた。昨年は3回転倒というみじめなGPをここで経験している。ここは特別な場所。すごくハードなんだ。ひとつのヒートはあまり良くなかったけど、もうひとつがずっと良かった。バイクにはとても満足している。すごく良く走ったからね。チームとメカニックは素晴らしい仕事をしてくれたし、自分もここ2週間すごく働いたよ。今はマネージャーよりもライダーに集中したい。結果を良くしなければならないからね。今週末はアルゼンティーナよりも良かったことは間違いない」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る