[SUZUKI]JMX Rd.2 熱田孝高が両ヒートで3位表彰台。ランキングトップに浮上

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市のウエストポイント オフロードヴィレッジで開催された。IA1クラスの熱田孝高は、両ヒート共積極的なレース運びを見せ両ヒートで3位表彰台を獲得。開幕戦から安定したリザルトを残している熱田は、ポイントランキング暫定トップに浮上。表彰台まであと一歩の走りを見せた小島は総合5位。手の負傷で苦戦を強いられたIA2の竹中純矢は総合10位完走を果たした。

埼玉県のほぼ中央。荒川の河川敷に設けられた会場のウエストポイント オフロードヴィレッジは、場所柄ほぼフラットで、コンビネーションジャンプが連続するトリッキーなレイアウトのコース。大会期間中は、直前まで降り続いた雨の影響でマディスタートとなったが、好天に恵まれた土曜日に一気にコンディションが回復。日曜日は曇り空となったが、日差しが遮られたことでホコリが立つこともなく、ほぼベストの状態でレースが行われた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る