[SUZUKI]WEC Rd.1 スズキ エンデュランス レーシングチームが2位に7ラップ差をつけて優勝!

2015世界耐久選手権シリーズ第1戦「第38回 ル・マン24時間耐久ロードレース」が、フランスのブガッティサーキットを舞台におこなわれ、スズキのSERT(スズキ エンデュランス レーシングチーム)が優勝を飾った。ライダー3人構成がレース序盤の転倒により2人での交代となりながらも、2位に7ラップ差をつけての圧倒的な勝利だった。一方スーパーストッククラスに出場のスズキジュニアチームLMSも堂々のクラス優勝を果たし、総合でも4位となる健闘を見せた。

GSX-R1000を駆るSERTのライダーはアンソニー・デラール、ヴァンサン・フィリップとチーム新加入のエティエンヌ・マッソン。スタート後ちょうど1時間が経過した頃、デラールがハイスピードからのスライドダウンで転倒を喫すアクシデントに見舞われた。しかしながらフィリップとマッソンの懸命の力走により、5時間を過ぎた頃にSERTはとうとうトップに立つと、その後も2番手チームとのラップ差を増やしながらトップをキープ。最後は2位のチームSRCカワサキに7ラップ差をつけての圧勝だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る