[YAMAHA]JRR JSB1000 Rd.1 中須賀克行&新型YZF-R1が開幕戦で2位表彰台を獲得!!

■大会名称:2015年 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 鈴鹿2&4レース
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2015年4月19日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821Km)
■周回数:20周
■天候:曇り
■コース:ドライ
■観客数:28,000人
■PP:津田 拓也(2分06秒103/Suzuki)
■FL:津田 拓也(2分07秒049)

今年からファクトリー体制が復活し、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からの出場となった中須賀克行。新しい体制、新しいヤマハ「YZF-R1」での戦いとなったが、マシンはまだ完璧には仕上がっておらず、予選は4番手となった。

決勝日朝のウォームアップラップ走行では、中須賀はウエット路面の中で2番手タイムを記録。しかし決勝までに雨は止み、レースはドライ路面でスタートした。

1周目を5番手で戻ってきた中須賀は、2周目に山口辰也(ホンダ)を抜き4番手に上がる。そして翌3周目には高橋巧(ホンダ)をパスして3番手に浮上、さらに4周目のシケインでは津田拓也(スズキ)をも抜き去り2番手となった。

しかし、ここから中須賀、渡辺一樹(カワサキ)、津田の激しいトップバトルが始まる。5周目に中須賀は津田にパスされて3番手に順位を落とす。その津田は6周目に渡辺をパスしてトップに立ち、中須賀はこの後、渡辺との激しい2位争いを展開する。そして13周目のヘアピンに登場したバックマーカーを、渡辺と中須賀が挟み込むようにパス。バックストレートから130Rで渡辺が中須賀の前を走るが、続くシケインで中須賀が渡辺を抑えると二人の勝負は決着する。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る