[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.3 予選 M・マルケスがポールポジションを獲得!

テルマス・デ・リオ・オンドサーキットで開催されている第3戦アルゼンチンGPで、土曜午後に行われた予選は、M・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が1分37秒802という他を圧するタイムを記録してポールポジションを獲得。2戦連続のトップグリッドスタートとなった。

この日は午後になって気温が上昇、汗ばむような暑さのなかで予選が行われた。路面温度も高くなって滑りやすい状態だったが、マルケスはこのような厳しい状況をものともせずに、二番手タイムの選手を0.5秒も上回る上記のタイムを叩き出した。フロントロー2番グリッドは、1分38秒316をマークしたA・エスパルガロ(チーム・スズキ・エクスター)。今年からMotoGPフル参戦を復活させたファクトリーチームが、開幕3戦目で予選最前列を獲得した。

3番グリッドはA・イアンノーネ(ドゥカティ・チーム)。開幕以来、快進撃を続けるドゥカティ陣営のファクトリーライダーは1分38秒467という自己ベストラップタイムで、明日のレースに向けて最前列スタートを確保した。マルケスはフロント・リアともにハードコンパウンドのタイヤを装着してベストタイムを記録したが、エスパルガロとイアンノーネはともに、ミディアムコンパウンドのフロントタイヤとリアタイヤという組み合わせだった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る