[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.3 決勝 手に汗握る展開を制してV・ロッシが優勝!

現地時間午後4時(日本時間20日午前4時)にスタートした第3戦の決勝レースは、ドラマチックな追い上げから終盤のバトルを制したV・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が優勝。開幕戦に続く今季2勝目を達成した。2位にはA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)、3位は今季初表彰台のC・クラッチロー(CWM LCRホンダ)が獲得した。

3列目8番グリッドからのスタートとなったロッシは、序盤から快調なペースを刻んで着々と順位をあげ、先頭を走るマルケスを追い詰めていった。20周目にはレース中ラップレコードを更新する1分39秒019を記録し、序盤からトップを快走していたM・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)との一対一のバトルになった。残り2周となったところで、ロッシはついにマルケスをオーバーテイクしてトップに浮上。マルケスもトップを奪還すべく再びオーバーテイクを仕掛けるが、激しいバトルで両者が接触してマルケスは残念ながら転倒。以後は、ロッシが独走でゴールラインを通過、今季2勝目を達成した。その5.685秒後にドビツィオーゾがフィニッシュ。そして、クラッチローがアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ・チーム)を僅差でかわして3位のチェッカー。ホンダ移籍後初の表彰台獲得となった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る