【新製品】サインハウス、聴きトークや会話を録音できる「B+COM MediaServer MS-01」を発売

バイク用品の企画製造・販売を行うサインハウスは、ナビや音楽などの音声を3人で共有して聴きながら会話できる「聴きトーク」機能搭載のB+COMユーザー向けスペシャルオプションアイテム、「B+COM MediaServer MS-01」を発売する。また、MS-01とGoProやCONTUREなどの外部マイク入力JACの搭載されたアクションカムなどとケーブルで接続すれば、ツーリング走行中の動画を撮影しながら、会話をそのままカメラに収録することが可能。

以下公式サイトより

B+COM MediaServer MS-01新登場。SB4Xで「聴きトーク」、GoProなどに会話を録音!
ツーリングに欠かせないバイク同士の会話。ナビや音楽などの音声を3人で共有して聴きながら会話できる「聴きトーク」機能搭載のB+COMユーザー向けスペシャルオプションアイテム、「B+COM MediaServer MS-01」が登場します。

MS-01にスマホやナビなどをケーブルで接続することで、MS-01にBluetooth接続(インカムチャンネルにて接続)したB+COM SB4X(OS2.0プログラムのモードB)およびSB213.EVO(Station対応プログラム)のB+COM3台で、インカム通話をしながらMS-01に入力された音楽やナビ音声案内を3人みんなで聴くことができます。音声はモノラルですが、同じ音源を聴いていることで一体感が生まれ、より楽しくスムーズなツーリングができるようになります。

また、MS-01には、音声出力ポートを搭載しています。MS-01とGoProやCONTUREなどの外部マイク入力JACの搭載されたアクションカムなどとケーブルで接続すれば、ツーリング走行中の動画を撮影しながら、みんなの会話をそのままカメラに収録することが可能です。収録された動画は、普通の動画撮影と同じように会話なども収録されているため、編集の必要もなくそのままYouTubeなどにアップしたり、自宅のPCや大画面テレビで旅の思い出に浸ることもできます。まさに、バイクツーリングの楽しみが増える新時代の幕開けです。

メディアサーバーへの接続をするためには、各B+COMはB+COM通話(インカム)接続呼び出しボタンでペアリング(初期登録)を行います







【 B+COM メディアサーバー MS-01 仕様・スペック 】
・名称:Media Server MS-01
・Bluetooth Ver.:3.0+EDR
・チップ:BC05MM
・RFレンジ:Class1
・スピーカー:ブザー音用内蔵スピーカー
・Pin No.:B+COM同士のインカム通話専用自動ペアリング方式
・バッテリー:内蔵型リチウムポリマー電池3.7V 容量650mAh
・充電電圧:DC5V-0.8Ah
・充電時間:約 2時間(micro USB DC5V 0.8A時)
・連続使用時間:最大約9時間
・端子:防水仕様 4極3.5mmミニPHONE端子(ステレオ入力&マイク出力)×1、防水仕様 3極3.5mmミニAUX端子(ステレオ入力)×1、防水仕様 micro USB 端子(充電&ステレオ出力)×1
・本体サイズ:W 51.2 × D 70.9 × H 26.3 (mm)※アンテナ格納時
・本体重量:約50g
・電波到達範囲:最大半径約300m(双方間に障害物がない場合)※弊社走行テストによる
・最大通話可能人数:3人
・対応機種:SB4X(モードB)、SB213.EVO、SB5X(予定)※インカム通話チャンネルを使用
・対応Bluetooth プロファイル:ICP
・認証:Bluetooth、TELEC
・防水:IPX5相当
・保証期間:ご購入より1年間(保証書に販売店の捺印、ご購入日の記入があるもの)
・価格:\22,000(税抜)
・発売日:2015年4月

【 B+COM メディアサーバー MS-01 キット・商品詳細 】
・価格:Media Server MS-01
・品番:00077558
・JANコード:4541408005656
・パッケージサイズ:W100×H120×D40※フック部除く
・パッケージ重量:300g

・キット内容:
Media Server本体×1
3.5φ4極オーディオケーブル×1
音声出力ケーブル×1
充電用micro USBケーブル×1
micro USB通信ケーブル×1
取り付け用ベルクロテープ×1
保護キャップ×各2
取扱説明書・保証書

・オプション品:
MS-01 オプション 音声出力ケーブル GoPro専用 50cm品番:00078142税抜定価\1,000
MS-01 オプション 音声出力ケーブル 3.5mmミニプラグ50cm品番:00078143税抜定価\1,000
MS-01 オプション スマートフォンオーディオケーブル3.5mm4極ミニプラグ 50cm品番:00078144税抜定価\1,000

【B+COM MediaServer MS-01の注意点】

・接続できるB+COMインカムは、SB4X(モードB)、SB213.EVO、SB5X(対応予定)となります
・S213.EVOは、Ver.3.00にプログラムアップデートをしていない機器は、Ver.3.00にアップデートしてください。
・SB4Xは、OS2.0プログラムをアップデートをしていない機器は、OS2.0にアップデートしてください。(起動時に英語のセリフがあればOS2.0)また、MediaServerと接続する際は、「モードB」にしてから、接続してください。アップデートおよび操作方法については、こちらをご覧ください。B+COMアップデート情報ページ>>>

・MediaServerと接続する際は、各B+COMインカムにデバイス機器をBluetooth接続しないでください。 ※SB5Xは同時にデバイス接続可能です
・MediaServerと接続する際、各インカムにスマホや携帯電話、ナビなどのデバイス機器がBluetooth接続されていると、動作が不安定になったり通話品質が低下します。
・できるだけ安定動作を行うため、デバイス機器のBluetooth機能を必ずOFFにしてご使用ください。
・WiFi機器(モバイルルーターなど)やスマホなどのWiFi機能はOFFにしてご使用ください。
・WiFiは、Bluetoothと同じ2.4Ghz帯を使用しています。MediaServerは距離、通信品質を向上させるため、アンテナの受信感度を高くしていますが、WiFi電波との電波干渉が起こりやすくMediaServerとの接続動作が不安定になる場合があります。
・音声が途切れる場合や、通信エラーが発生する場合あります
・Bluetooth技術を採用しておりデジタル通信でデータのやり取りを行っておりますが、障害物(人体や腕)があると通信が瞬間的に遮られ音声が途切れる場合がございます。
・同じ2.4Ghz帯を使用しておりWiFiや他の2.4Ghz帯を使用したワイヤレス機器が周辺に多くあると通信が正常に行えない場合があります。
・エラーが起こった際には、本製品と接続機器を再起動して再度接続を行う必要がございます。また、強い電波エリアなどでは通信が不安定になったり、電源が落ちたりする場合があります。
・MediaServerはアンテナを立てて、正しいポジション(向き)でご使用ください。
・MediaServerは、折りたたみ式の外部アンテナを採用しています。アンテナを立て正しい向きで使用する状態で電波設計を行っています。そのため、正しい向きでなかったりアンテナを立てていないと、距離が伸びない、通信が遮断する、通信が不安定になるといったトラブルが発生します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る