【新車】ヤマハ、インド二輪車市場の最大需要領域に125cc「Saluto」を導入

ヤマハは、インド二輪車市場の最大需要領域に向け、経済性、使い勝手の良さを備えた125ccファミリー向けモーターサイクルの新製品「Saluto」(サルート)を2015年4月から導入する。

以下、プレスリリースより

「Saluto」は、“Economical & Practical Indian Family motorcycle”のコンセプトのもと、低燃費と日常用途での使い勝手、スタイリッシュなデザインを兼ね備えたファミリー向けモデルとして開発しました。当社従来型125ccモデルと比べコンパクトな燃焼室を備える新エンジンを採用、クラス最軽量112kgの徹底した軽量設計もあり、当社従来モデル比で約10%の燃費向上を達成しました。

また、普段から家族を乗せることが多いインドのお客さまのために、サスペンション・フットレスト・シートなどは快適性にこだわったセッティングとし、デザインは樹脂製タンクカバーなどにより躍動的なスタイルとしました。なお、製造・販売はIYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行います。

インド二輪車市場は2014年には約1,600万台に達し、世界第1位となっています。このうち、100〜125ccのモーターサイクルは、燃費や価格などでの手ごろ感から、二輪車初購入の方やタンデム利用の方、ファミリー共有使用というお客様の高い支持があり、市場の約6割を占める最大需要領域となっています。

当社はこれまで、高価格領域においては、スポーツモデルのYZF-R15やFZシリーズ、SZシリーズを導入、また、近年伸長の著しいスクーター領域には、Cygnus RAYシリーズやCygnus αを導入して、インド市場での販売を拡大してきました。今回の「Saluto」は、125ccクラスにおいてトップレベルの燃費性能を実現したモデルで、最大需要領域における販売拡大を担うものとなります。

■名称
「Saluto」2015年インド向けモデル

■発売日
2015年4月

■メーカー希望小売価格
52,000インドルピー(デリー店頭価格)

■販売計画
11万台(発売から1年間/インド国内)

▼「Saluto」2015年インド向けモデル


関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る