[MFJ]JRR JSB1000 Rd.1 津田拓也、ニューレコードでポールポジション!

今年も56台のエントリーを集めた2015年全日本ロードレース選手権第1戦鈴鹿2&4レース(JSB1000クラス)。A-Bの2グループ各35分の計時予選となった公式予選。Aグループでは、津田拓也が2分6秒460でトップに立つと、さらに6秒103をマークし、レコードタイムを更新。グループトップで暫定ポールとなった。セッションの後半、各ライダーがタイムアップしてくる中、渡辺一樹がタイムアタック。2周連続して6秒台をマークし、最終的に6秒181で2番手に付けた。3番手は中須賀克行で7秒043、加賀山就臣が7秒984、JOSH HOOKが8秒407で続いた。

Bグループではセッション開始早々から高橋巧が2分6秒986をマーク、只一人6秒台で終始トップをキープ。柳川明が7秒252で2番手、次いで山口辰也、中冨伸一、野左根航太の順。高橋はその後6秒494までタイムアップし、グループのトップで予選を終えた。山口は終盤に7秒202まで上げグループ2番手で終了した。

総合では津田拓也が2分6秒103のレコードタイムでポールポジション。渡辺一樹が6秒181、高橋が6秒494でここまで6秒台でフロントロウ。中須賀、山口、柳川、中冨、野左根、加賀山、JOSHと続く。

公式リザルト〜MFJ公式サイト

▼2015 SUPERBIKE ROUND 1 : Suzuka 2&4 JSB1000 QP Digest

▼2015 SUPERBIKE ROUND 1 : Suzuka 2&4 JSB1000 Pole Position Interview

▼2015 SUPERBIKE ROUND 1: Suzuka 2&4 JSB1000 Kazuki Watanabe Interview

▼2015 SUPERBIKE ROUND 1: Suzuka 2&4 JSB1000 Takumi Takahashi Interview

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  2. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
  3. 【PR】 高級感は圧倒的、走りもスポーティに進化する 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  4. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
ページ上部へ戻る