[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.2 M.マルケスが圧倒的なペースで第2戦アメリカズGPを制する!

今回の全ライダーへの供給タイヤ
[スリック]
フロント:ソフト、ミディアム、ハード
リア:左右対称—ソフト、ハード
   左右非対称—ミディアム
[ウェット]
ソフト(メイン)、ハード(予備)

21周で争われた第2戦の決勝レースは、ポールポジションスタートのM.マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝。2013年と2014年を連覇した22歳の世界チャンピオンが、得意のコースで三年連続のポールトゥフィニッシュを達成した。2位はA.ドビツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)、3位にはV.ロッシ(モビスター・ヤマハMotoGP)が入った。
ポールポジションスタートのマルケスは、序盤に先頭を走っていたドビツィオーゾから5周目にトップの座を奪うと、あとはレースを完璧にコントロールしながら着々と後続との差を広げ、最後は2.354差でゴール。今季1勝目を挙げた。ドビツィオーゾが2位でチェッカーを受け、その0.8秒後にロッシがゴールラインを通過した。

今回の戦いの舞台となったサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、フロントタイヤに厳しいコースであることから、マルケスとロッシの両名はフロント用にハードコンパウンドのタイヤを装着。ドビツィオーゾはミディアムコンパウンドのフロントタイヤでレースを戦った。リアタイヤに関しては彼らトップ3を含む全25選手中24名が、ミディアムコンパウンドのタイヤを使用した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る