[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.2 M.マルケスが圧倒的なペースで第2戦アメリカズGPを制する!

今回の全ライダーへの供給タイヤ
[スリック]
フロント:ソフト、ミディアム、ハード
リア:左右対称—ソフト、ハード
   左右非対称—ミディアム
[ウェット]
ソフト(メイン)、ハード(予備)

21周で争われた第2戦の決勝レースは、ポールポジションスタートのM.マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が優勝。2013年と2014年を連覇した22歳の世界チャンピオンが、得意のコースで三年連続のポールトゥフィニッシュを達成した。2位はA.ドビツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)、3位にはV.ロッシ(モビスター・ヤマハMotoGP)が入った。
ポールポジションスタートのマルケスは、序盤に先頭を走っていたドビツィオーゾから5周目にトップの座を奪うと、あとはレースを完璧にコントロールしながら着々と後続との差を広げ、最後は2.354差でゴール。今季1勝目を挙げた。ドビツィオーゾが2位でチェッカーを受け、その0.8秒後にロッシがゴールラインを通過した。

今回の戦いの舞台となったサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、フロントタイヤに厳しいコースであることから、マルケスとロッシの両名はフロント用にハードコンパウンドのタイヤを装着。ドビツィオーゾはミディアムコンパウンドのフロントタイヤでレースを戦った。リアタイヤに関しては彼らトップ3を含む全25選手中24名が、ミディアムコンパウンドのタイヤを使用した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ホンダ モンキー125】ディテール&試乗インプレッション 誕生から50周年を迎えた2…
  2. 2018年7月30日、ハーレーダビッドソンが「More Roads to Harley-Da…
  3. 【インディアン SCOUT】ディテール&試乗インプレッション ひと目見た瞬間に「いや・・・…
  4. ヒマラヤンはインドの2輪メーカー・ロイヤルエンフィールドの手によるアドベンチャーモデル。発表…
ページ上部へ戻る