ビューエル氏率いるEBR社が再び苦境に!

ハーレーダビットソンのBuellブランド撤退を機に、自ら興した新会社であるEBR(エリック・ビューエル・レーシング)でオリジナルスポーツバイクの製造を行っていたエリック・ビューエル氏が再び苦境に立たされている。

カナダのモーターサイクル専門ウェブサイト「MOTORCYCLE.COM」によると、EBR社は十分な資金提供を確保することができず活動を中止し、裁判所に債権者からの保護を申請したとのこと。事実上の破産状態と見られる。

ニュース提供元のMilwaukee Journal-Sentinalの中での声明において、EBR社創設者のエリック・ビューエルは資金提供の確保に失敗したと語ったとされる。事業が順調に進んでいると思った矢先の急転直下、資金確保に行き詰ったことは予想外だったようだ。コメントでは無念さをにじませつつも、個人的には新たなより良い始まりとしたいと結んでいる。

ビューエル氏は2009年にEBR社を設立。2013年にインド最大手のバイクメーカーであるヒーローモトコープ社の傘下に入るに当たり、自らの資金を投入してスポーツバイクの生産を継続することを熱望。2014年には欧州への輸出拠点としてヨーロッパにオフィスを開設するなど精力的に活動。プロダクトとしても2011年に1190RSレーサーを導入 。2013年には1190RXプロダクションモデル、昨年には1190SX ストリートファイターを発表するなど着実に前進しているかに見えていたが。

今回の経緯により、最新モデルとして開発が進められていたアドベンチャーツアラー1190AXや、ヒーロー社への技術協力により開発中だったとされる米国向け輸出モデルHX250Rの計画についてもこの先どうなるかはっきりしない状況だ。

アメリカ発の本格派スポーツバイクメーカーとしての成功を常に目指してきたビューエル氏に、再び暗雲が垂れ込めている。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆エリック・ビューエル・レーシングが業務を停止

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る