[YAMAHA]新型YZF-R1、MotoAmericaスーパーバイク選手権を華々しい勝利で飾る

4月11日、12日にサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で開催されたMotoAmericaシリーズで、新型YZF-R1にてスーパーバイク選手権に出場したMonster Energy/Graves/Yamahaチームのジョシュ・ヘイズとキャメロン・バービアはそれぞれ1位、2位を獲得、シリーズ開幕戦を華々しい勝利で飾りました。

土曜日の第一レースでは、雨にみまわれた厳しいトラックコンディションの中、昨年のスーパーバイククラスを制したジョシュ・ヘイズが終始レースをリードしながら1位獲得、チームメイトのバービアはポールポジションからスタートし、最終的には2位でチェッカーを受けました。新型YZF-R1の2015年MotoAmericaシリーズデビューをワン・ツー・フィニッシュで飾る形となりました。

日曜日の第二レースは雨もやみ、さらにエキサイティングなものとなりました。最終ラップ、ヘイズが最終コーナーでバービアにオーバーテイクを仕掛け、Monster Energy/Graves/Yamahaのチームメイト同士の激しい戦いとなりました。レザースーツにヘイズのタイヤ跡が残るほどの接戦の末、バービアがチームメイトのヘイズを抑え、シーズン最初の勝利を手に入れました。

オールニューとなる2015年モデルの「YZF-R1」および上級モデルの「YZF-R1M」は、MotoGPマシンYZR-M1の技術思想を体感できるサーキット最速のポテンシャルを備えるモデルとして開発、今年の3月頃から欧州、北米などを中心に販売をしています。200馬力の出力性能に加え、6軸姿勢センサーを市販二輪車として初搭載、高度な制御技術によりライダーが走りに集中できる高次元なハンドリングと走行性能を特徴とする、当社スーパースポーツのフラッグシップモデルです。

国内では、今週末(4月18日、19日)、鈴鹿で行われる全日本ロードレース選手権JSB1000クラスにおいて、YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀 克行選手、YAMALUBE RACING TEAMの野左根 航汰選手、藤田 拓哉選手も、この新型YZF-R1で出場予定です。MotoAmericaスーパーバイク選手権同様、YZF-R1の高いポテンシャルによる勝利が期待できます。

▼YZF-R1(欧州仕様)

▼YZF-R1M(欧州仕様)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る