[Aprilia]SBK Rd.3 L・ハスラムが3位表彰台を獲得!

2015年スーパーバイク世界選手権のシーズン第3戦決勝が4月12日、スペインのモーターランド・アラゴンにて開催され、土曜日の予選でポールポジションを獲得したアプリリアレーシングチーム-レッドデビルスのL・ハスラムは、レース1で4位、レース2で3位表彰台を獲得し、ライダーズランキングで2位の位置に付けています。

レース1は、低い路面温度に苦労したものの、レース2はRSV4のセッティングに調整を加え、路面温度も上昇したことも幸いして、J・レイ(カワサキ)との激しいバトルを展開し、3位表彰台を獲得しました。一方のホームレースとなるトーレスは、ルーキーイヤーとして、チャンピオンマシンとなるRSV4の理解と適応に力を注ぎ、レース1で5位、レース2では4位でフィニッシュし、その成長ぶりを発揮しました。

また、今回のラウンドではスーパーストック1000の開幕戦も行われ、アプリリアRSV4 RFで参戦するTeam NuovaM2レーシングのロレンツォ・サルバドーリは、2位表彰台を獲得し、幸先の良いスタートを切りました。

次戦はオランダのアッセンにて開催されます。引き続きアプリリアレーシング-レッドデビルスへの応援をよろしくお願い致します。

■ライダーコメント

レオン・ハスラム
「今日のレースは難しいレースになるとわかっていたから、表彰台は本当にうれしいね。レース1は気温が低くてうまくいかなかったけど、レース2ではコンディションも変わり、少しセットアップを変えて良くなったからレイともバトルが出来たし、彼より速く走れた部分もあったから、次のレースが楽しみだし、我々にアドバンテージが有る部分もあるから自信もあるよ。」

ジョルディ・トーレス
「2レースとも激しいレースだったね。レース1は気温が低くて無難なタイヤ選択を迫られながらも良いペースで走れたと思うよ。レース2は全く違ったコンディションで、ペースをつかむのに2-3ラップかかってしまって、先頭グループから離れてしまったんだ。これはスーパーバイクの難しいところだね。僕は経験を積んでいる最中で、ライディングスタイルを色々変えながら学んでいるし、このアラゴンでもいい感触がつかめたと思うよ。」

【レース1】
優勝65J.レイカワサキZX-10R
第2位7 C.デイヴィスドゥカティ1199 PanigaleR
第3位66 T.サイクスカワサキZX-10R
第4位91L.ハスラムアプリリアRSV4RF
第5位81J..ト-レスアプリリアRSV4 RF
第6位112J.フォレスドゥカティ1199 PanigaleR

【レース2】
優勝7 C.デイヴィスドゥカティ1199 PanigaleR
第2位65J.レイカワサキZX-10R
第3位91L.ハスラムアプリリアRSV4RF
第4位81J..ト-レスアプリリアRSV4 RF
第5位112J.フォレスドゥカティ1199 PanigaleR
第6位44D.サロムカワサキZX‐10R

【ライダーズスタンディング】
第1位65J.レイカワサキ140ポイント
第2位91L.ハスラムアプリリア114ポイント
第3位7 C.デイヴィスドゥカティ83ポイント
第4位66 T.サイクスカワサキ66ポイント
第5位81J.トレースアプリリア63ポイント
第6位1 S.ギュントーリーホンダ48ポイント

【マニュファクチャラーズスタンディング】
第1位カワサキ140ポイント
第2位アプリリア104ポイント
第3位ドゥカティ95ポイント
第4位ホンダ58ポイント
第5位スズキ44ポイント
第6位MVアグスタ21ポイント

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る