[HONDA]MotoGP Rd.3 アルゼンチンGPプレビュー

今年で2回目の開催となる第3戦アルゼンチンGPが、4月17日(金)から19日(日)までの3日間、アルゼンチンの北東約1100kmに位置するアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで開催されます。

テルマス・デ・リオ・オンドは、サンティアゴ・デル・エステロ州の州都サンティアゴ・デル・エステロから約65kmにあり、温泉が出ることからアルゼンチン国内ではスパリゾート地として知られています。

アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドは、2008年に完成しました。その後、13年に大幅に改修されて、同年8月には初の世界選手権となる4輪の世界ツーリングカー選手権(WTCC)が開催されました。そして、14年4月にはロードレース世界選手権が初開催となり、決勝日は5万2749人のファンが詰めかけました(3日間合計で12万5961人)。今年は、昨年を上回るファンが詰めかけることが予想されます。

アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドは、ほぼ平坦な土地に作られた一周4.806kmのコースで、メインストレートが1.076kmと長く、中高速コーナーが続くシンプルなレイアウトとなっています。
過去、アルゼンチンGPは、1961年にブエノスアイレス郊外のアウトドルモ・オスカル・ガルベスで初めて開催され、1999年まで断続的に計10回開催されました。テルマス・デ・リオ・オンドに舞台を移してからは2回目を迎え、アルゼンチンGPは通算12回目となります。

昨年の大会は、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、開幕からの3戦連続PPと3連勝を達成。サーキットに集まったHondaファンを大いに喜ばせました。昨年の大会は、セッションをこなすごとに路面のグリップが上がり、タイヤに厳しく、セットアップの難しいレースとなりました。その中で、マルケスは、序盤は周囲の走りを見ながら慎重なレース運びを見せ、レース終盤にトップに立つと一気にペースを上げて優勝しました。

今年は開幕戦カタールGPで5位。スタート直後にコースアウトを喫したことで厳しい戦いを強いられましたが、第2戦アメリカズGPでは、その雪辱を見事に晴らす快走で今季初優勝を達成しました。開幕戦カタールGPで5位に終わり、マルケスとしてはやや悪い流れとなっていましたが、アメリカズGPの優勝でいやなムードを一気に吹き飛ばすことに成功、アルゼンチンGP2連覇を狙います。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る