[YAMAHA]Movistar Yamaha MotoGP アルゼンチンGPに向けて準備

■大会名称:第3戦アルゼンチンGP
■開催日:2015年4月17日(金)フリー走行、18日(土)予選、19日(日)決勝
■開催地:テルマス・デ・リオ・オンド/アルゼンチン
■開設:2008年
■コース長:4.806km
■サーキットレコードラップ:1分39秒233(D・ペドロサ)
■サーキットベストラップ:1分37秒683(M・マルケス)
■2014年の優勝者:M・マルケス(ホンダ)

2日前にCircuit Of The Americas (COTA)でのレースを終えたばかりのMovistar Yamaha MotoGPが今週末、アルゼンチンへ移動して第3戦に参戦。

V・ロッシは第2戦で3位を獲得してランキングトップをキープ。昨年はここで4位となり惜しくも表彰台を逃しているため、今年はそれを上回る活躍を心に期している。

一方、前回のCOTAでは病気で体調を崩していたにもかかわらず4位獲得と健闘したJ・ロレンソ。この活躍でランキング5位につけている。今回は日曜日の決勝までに万全の状態を取り戻し、昨年同様の3位以上を目指す。

Termas de Rio Hondo Circuitは2008年5月11日に完成。2012年には設計変更によって中米で最も近代的で安全なコースに生まれ変わり、その翌年の2013年からMotoGPコースに加わった。5つの左コーナーと9つの右コーナーからなる高速コーナーと、1,076mに及ぶ最長ストレートを併せ持ち、よりエキサイティングなレースシーンが展開されるようになったことでファンを魅了。今年も大きな拍手喝さいが聞こえることになるだろう。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る