【新製品】ドッペルギャンガーアウトドア、ツーリングライダーに最適なワンタッチテントを発売

アウトドア用品の企画・販売を行っているビーズは、同社アウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)」より、収納構造の再考でコンパクト化し、運搬や積載の利便性が向上した「ライダーズワンタッチテント T2-275」と「ライダーズコンフォートタープ TT5-282」を発売する。

以下、プレスリリースより

「ライダーズワンタッチテント」は、折りたたみ傘のような構造で、紐を引くだけで設置が可能な製品です。 DOPPELGANGER OUTDOORが得意とする従来のワンタッチテントと同様、習熟すれば約30秒ほどで設営が完了する容易さを残しつつ、構造を一から見直しました。 その結果、収納時の長さを従来製品比12センチメートル(68cm→56cm)短縮することに成功しました。

「ライダーズコンフォートタープ」では、従来のタープ構造に横軸としてサイドポールを追加し、間口をワイドにすることで広い天井空間を確保。 タープ下にバイクを保管したり、家族や仲間と団欒したりしやすいデザインを追求しました。 ポールの分割を細かくしたことで、当製品もテント同様、収納時の長さを8センチメートル(56cm→48cm)短縮しています。

ツーリング先での大喧嘩をきっかけに誕生。
収納サイズにこだわったワンタッチテントを発売。

開発者はバイク旅行が趣味の男性。 キャンプツーリングに出かけたある日、道に迷ってキャンプ場に到着したのが夜中になってしまいました。 真っ暗な中でテントを立てるのに苦労し、仲間と大喧嘩に。 それ以来、ツーリングには紐を引くだけで30秒で設置できるワンタッチテントを使用するようになりました。 しかし、従来のワンタッチテントはパッキングサイズが68cmと長尺で、バイクで運ぶにはやや不便であると感じていました。 そこで新しい折りたたみ構造の開発を決意し、試行錯誤の末12cmの短縮に成功。 わずかCD一枚程度の短縮ですが、積載場所や容量に制限のあるバイクにとっては利便性が大きく向上しました。 仲間と団欒しやすい、快適さを高めたタープも同時に開発し、よりコンパクトでスマートなキャンプを提案します。

ライダーズワンタッチテント T2-275

■製品名
ライダーズワンタッチテント T2-275

■展開時サイズ
外寸(約)W2200×D1650×H1200mm

■収納時サイズ
(約)560×直径170mm

■耐水圧
3000mm

■重量(付属品含む)
(約)2.1kg

■素材
アウターテント、アンダー(グラウンド)
シート:300Tナイロンリップストップ
インナーテント:180Tポリエステル
ポール:7001アルミニウム

■希望小売価格
26,000円(税別)

▼ライダーズワンタッチテント T2-275

ライダーズコンフォートタープ TT5-282

■製品名
ライダーズコンフォートタープ TT5-282

■展開時サイズ
(約)W4300×D3700×H2000mm

■収納時サイズ
(約)480×直径100mm

■耐水圧
2000mm

■重量(付属品含む)
(約)2.2g

■素材
生地:190T ポリエステル PUコーティング
インナーテント:180Tポリエステル メインポール:6061アルマイトポール 直径16mm
ポール:7001アルミニウム サイドポール:グラスファイバー 直径7.9mm

■希望小売価格
12,000円(税別)

▼ライダーズコンフォートタープ TT5-2825

タープをより広く使用することができるタープです。グラスフォイバーポールを横に一本挿入する新構造を採用。ツーリング時にタープの下にバイクを置いたり、ツーリング仲間とタープのもとで語り合うことができるサイズです。バイクへの積載を考慮し、ポールは5本継のアルマイトポールを採用。48cmのパッキングサイズで積載性を高めています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る