[KTM]AMA SX Rd.14 ダンジーがKTMに450スーパークロスシリーズ初のタイトルをもたらす

テキサス州で開催された『2015スーパークロス/第14戦ヒューストン』。Red Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#5/Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)は2位でフィニッシュ。その結果3戦を残しながらも2015年のシリーズタイトル獲得が決定。世界選手権となったスーパークロス450クラスでKTMに初のタイトルをもたらしました。

また8週間ぶりに西地区開催となった250SXクラスでは#32/Justin Hill(ジャスティン=ヒル)が6位でフィニッシュしました。

■450SXクラス
KTMとダンジーは現在まで14戦を戦い6度の優勝を果たすだけで無く、13戦で表彰台に登るという強さを見せました。しかも開幕戦での4位が、その中でのワーストのリザルト。シリーズの中で、ダンジーは常にファンの期待と熱い視線を集めて戦いました。

決勝。スタートで出遅れたダンジーは集団にのまれながら10位付近で第1コーナーを通過。その後は落ち着いてペースを上げ、レース中盤には6位にまで順位を回復します。その後もチャージを続けたダンジーは2位にポジションを上げたところでタイムアップ。2位でゴールラインを通過したダンジーは2015シーズン/450SXクラスのチャンピオンを決めました。

ダンジーのコメント:
「このためにチームと自分は努力を重ねてきた。この喜びは言葉では言い表せない。これまで我々には良いことも悪いこともあったが、チームは常にベストな状態で自分をレースに向かわせてくれた。今季は本当にエキサイティングなシーズンだ。しかし、すでに次のゴールに期待を膨らませている。我々の戦いはまだ終わっていない」

KTMのCEO/ステファン・ピエラのコメント:
「KTMにとって、いかなる選手権においても勝利することは等しく重要だ。しかしアメリカのスーパークロスにおけるシリーズタイトルは特別な存在であり、世界のモトクロス界においても特別に輝かしい存在だ。我々はそれを獲得するために、多くの情熱を傾けてきた。そして今日、その夢を実現できた。この偉大なるプロジェクトに対し、さまざまなサポートを頂いたすべての方々に感謝の言葉を述べたい」

チーム監督/ピット・ベイラーのコメント:
「今日、私の夢のひとつが実現した。2011年にプロジェクトを立ち上げたときは、まさにゼロからのスタートだった。それから短期間で、このすばらしい仕事を成し遂げることができた。すべての始まりは、ロジャー・デ・コスタに出会った2010年だ。最高で最強のチームとはどんなチームかを語りイメージした。それからKTMの開発部門とレース分門、アメリカとオーストリアの間で綿密に計画を練り、短期間でベストなマシンを作り上げた。しかし優れたライダー抜きでは、そのパフォーマンスは発揮できない。ライアンには本当に感謝している。彼は、非常に早い段階で我々を信頼してくれた。同時に、アメリカで戦うKTMにとってさまざまな栄光とマイルストーンをもたらした。初の450SXタイトル、初のアウトドアモトクロス450クラスのタイトル、そして今日獲得した世界選手権となった450スーパークロスのタイトル。私はチームとダンジーに、ありがとうと言いたい」

▼Supercross LIVE Interview Ryan Dungey Houston

▼Supercross LIVE Highlights 450SX Class Houston

■250SXクラス
ヒートレースを3位でスタートしたヒル。すぐに前を行くライダーに迫ります。しかしヒルがインを差そうとしたとき2台が絡み転倒。ヒルはすぐに復帰し、その後猛チャージし2位までポジションを回復してフィニッシュ。決勝にコマを進めます。

迎えた決勝。ヒルは6番手でスタートしましたがオープニングラップ途中で転倒。上位から離脱します。3周目に14番手にまでポジションを上げたヒルは、さらにチャージを続け最終的には6番手まで順位を回復しゴールしました。

ヒルのコメント:
「今日は表彰台に立ちたかった。でもスタート早々にミスを冒してしまった。次戦ではノーミスで戦いたい」

▼Supercross LIVE Interview Shane McElrath Houston

▼Supercross LIVE Highlights 250SX Class Houston

次戦/第15戦は4月18日(土)、カリフォルニア州サンフランシスコで開催されます。

■450SXクラス 決勝結果:
1, Cole Seely
2, Ryan Dungey – KTM
3, Eli Tomac
4. Joshua Grant
5. Chad Reed
6, Andrew Short – KTM
10, Justin Brayton – KTM

◎450SXクラス ポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 318points(2015 450-class Champion)
2, Tomac, 236
3, Seely, 223
4, Canard, 204
5, Reed, 199

■250SXクラス西地区 決勝結果:
1, Cooper Webb
2, Shane Mcelrath – KTM
3. Malcom Stewart
4. Aaron Plessinger
5, Alexander Martin
6, Justin Hill – KTM

◎250SXクラス西地区 ポイントスタンディング
1, Webb, 161 points
2, Osborne, 116
3, Mcelrath(KTM), 108
4, Nelson(KTM), 106
5, Bowers, 105
7, Hill(KTM), 94

関連記事

編集部おすすめ

  1. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  2. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  3. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  4. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
ページ上部へ戻る