スズキ、「隼ミーティングin竜洋2015」開催レポート

スズキは2015年4月12日(日)に静岡県二輪技術センター竜洋コースで開催された「隼ミーティングin竜洋2015」開催レポートを発表した。開催当日は、702名の来場者が会場を訪れ、大いに盛り上がった。

以下、プレスリリースより

スズキ二輪では、隼オーナー向けのイベント「隼ミーティングin竜洋2015」を4月12日に、スズキ株式会社二輪技術センター竜洋コースで初めて開催しました。

■イベント名隼ミーティングin竜洋2015
■開催日:2015年4月12日(日)11:00〜14:00
■場所:スズキ株式会社二輪技術センター竜洋コース
■天候:晴れのち曇り
■来場者数:702名内訳〔二輪車(隼)518台、四輪車184台〕

■特別ゲスト
・スズキモトGP開発ライダー初代ハヤブサ(1999年〜)オーナー青木宣篤さん
・2005・2006世界耐久選手権チャンピオン、二代目ハヤブサ(2008年〜)オーナー北川圭一さん

■物販ブース
スズキ二輪物販ブース(隼オリジナルTシャツ等の販売)、オートリメッサブース、ヨシムラジャパンブース

■開催内容
隼(ハヤブサ)国内仕様の発売を機に、スズキ二輪車生の誕の地「スズキ竜洋コース」にて、スズキと隼オーナー、隼オーナー同士の交流を目的に実施しました。

・隼トークショーでは青木宣篤さん、北川圭一さんをゲストに向かえ、初代・二代目それぞれのスズキ設計スタッフとのトークショーを実施しました。

・「今日の一番さん」で遠来賞の表彰では、北は群馬県館林市の方、南は福岡県北九州市の方、「最年長賞」は66才の方、「最年少賞」は1994年8月生まれの20才の方となりました。

・豪華スズキグッズがもらえる、じゃんけん大会では、青木さん・北川さんのサイン入りジャケットがもらえるなど、大いに盛り上がりました。

・竜洋東コースを観光バスで体験する、バスツアーを実施しました。

・サプライズとして、二輪でご来場の方に「特製隼サイドスタンドホルダー」をプレゼントしました。

※開催概要は隼ミーティング2015in竜洋ホームページをご参照ください
http://www1.suzuki.co.jp/motor/hayabusa_meeting2015/

■トークショー出演者

<初代ハヤブサ(1999年〜2007)>
・ゲスト
青木宣篤さん

・スズキ
〔プロジェクトリーダー〕
・加藤悦嗣二輪事業本部二輪商品企画部

〔デザイナー〕
・吉浦耕司二輪事業本部デザイン課

<二代目ハヤブサ(2008〜)>

・ゲスト
北川圭一さん

・スズキ
〔プロジェクトリーダー〕
・飯尾浩士二輪事業本部二輪商品企画部

〔デザイナー〕
・小日向純典二輪事業本部デザイン課

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る