[SUZUKI]MotoGP Rd.2 チームスズキエクスターの両ライダーがトップ10フィニッシュ

MotoGP第2戦がアメリカ テキサス州オースチンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称COTA)で開催され、4月12日に決勝がおこなわれた。前日までは雨や霧によりウェットだったコースも、決勝日は晴れてドライコンディションが戻り、チームスズキエクスターにも恵みの好天ともなったようで、エスパルガロ、ビニャーレス共にトップ10フィニッシュで価値あるポイントを獲得した。

今回はたびたびタイムスケジュールに調整の入るレースウィークだった。初日の金曜は、雨天に加えコース内に犬が入り込むアクシデントのため、公式予選の土曜は雨と霧のため、そして決勝日の日曜はコース上の水抜き作業のためだったが、晴天の好コンディションとなった決勝は両ライダーともに良い状態でレースに集中し、実力を発揮した。

全21ラップでおこなわれた決勝レースで、アレイシ・エスパルガロは、レース中盤から8番手に落ち着くとそのまま8位フィニッシュ。トップとの差は19秒。これにより8ポイントを獲得したエスパルガロはランキングも初戦終了時の11位から8位へと浮上した。

一方のマーベリック・ビニャーレスは、エスパルガロの後ろ9位で決勝を終えて7ポイントを獲得、ランキングをこれまでの14位から11位へと上げ、トップ10入りが見えてきた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る