[SUZUKI]MotoGP Rd.2 チームスズキエクスターの両ライダーがトップ10フィニッシュ

MotoGP第2戦がアメリカ テキサス州オースチンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称COTA)で開催され、4月12日に決勝がおこなわれた。前日までは雨や霧によりウェットだったコースも、決勝日は晴れてドライコンディションが戻り、チームスズキエクスターにも恵みの好天ともなったようで、エスパルガロ、ビニャーレス共にトップ10フィニッシュで価値あるポイントを獲得した。

今回はたびたびタイムスケジュールに調整の入るレースウィークだった。初日の金曜は、雨天に加えコース内に犬が入り込むアクシデントのため、公式予選の土曜は雨と霧のため、そして決勝日の日曜はコース上の水抜き作業のためだったが、晴天の好コンディションとなった決勝は両ライダーともに良い状態でレースに集中し、実力を発揮した。

全21ラップでおこなわれた決勝レースで、アレイシ・エスパルガロは、レース中盤から8番手に落ち着くとそのまま8位フィニッシュ。トップとの差は19秒。これにより8ポイントを獲得したエスパルガロはランキングも初戦終了時の11位から8位へと浮上した。

一方のマーベリック・ビニャーレスは、エスパルガロの後ろ9位で決勝を終えて7ポイントを獲得、ランキングをこれまでの14位から11位へと上げ、トップ10入りが見えてきた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る