[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.2 予選 マルケスがポールポジションを獲得!

テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されている第2戦アメリカズGPの予選は、M・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がポールポジションを獲得した。15分間で争われるQP2の終了直前にコントロールラインを通過し、最後のタイムアタックを行ったマルケスは、この周回の全区間で最速タイムを記録。自身が持つ当サーキットの最速ラップレコード(2分02秒773:2014年)を0.638秒も更新する2分02秒135を叩き出して、3年連続のトップグリッドスタートを実現した。

フロントロー2番グリッドは、2分02秒474を記録したA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)。J・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が、2分02秒540で3番グリッドについた。今日の予選で選手たちが繰り広げた激しいタイムアタックは、上位6名が昨年のマルケスのラップレコードを上回るタイムを記録しているという事実にはっきりとあらわれている。

マルケスとロレンソは、フロント・リヤともにミディアムコンパウンドのタイヤを装着してベストラップを記録。一方、ドビツィオーゾはミディアムコンパウンドのフロントタイヤとソフトコンパウンドのリアタイヤという組み合わせで、自己ベストタイムを記録した。今日の予選では、ほぼ全選手が柔らかめ選択肢のリアタイヤ(ファクトリーオプション:ミディアム、オープンカテゴリー:ソフト)を装着してタイムアタックを実施した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る