[YAMAHA]MotoGP Rd.2 予選 ロレンソがフロントロウ獲得!

■大会名称:MotoGP第2戦アメリカズGP
■開催日:2015年4月11日(土)予選結果
■開催地:テキサス州オースティン/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(5.513km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:21度
■路面温度:25度
■PP:M・マルケス (2分02秒135/ホンダ)

第2戦アメリカズGPの公式予選は、長いCOTAのコースでわずか15分間のタイムアタックを行うため、時間の浪費は少しも許されない状況。そのなかでMovistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、それぞれ3位と4位を獲得する健闘を見せた。

ロレンソは真っ先にコースに飛び出し、最初のアタックで2分03秒505を記録してトップに立った。しかしその後、ライバルたちがペースを上げたため6位に後退。次のラップではさらにペースを上げて2分03秒台の壁を破る2分02秒927に更新し、再び2位まで挽回した。ここでピットに戻ってタイヤを新品に交換。残り5分でコースに復帰して最後のタイムアタックに臨むと、すべてのセクションでそれまでの自らのタイムを上回る2分02秒540を記録してトップに返り咲いた。しかし、セッション終了間際にライバルたちがこのタイムを上回り、ロレンソは3位となった。トップとの差は0.405秒。明日の決勝はフロントロウの最後尾からスタートする。

一方のロッシも序盤からペースを上げ、最初のアタックで自己ベストを上回る2分03秒170。一時的にトップに立ったが、その後、他に先行されて4位に順位を下げた。次のラップでもさらにタイムを上げたいところだったが叶わず、ピットに戻って前後タイヤを新品に交換。1分後にコースに復帰すると今まで以上にペースが上がり、チームメイトに0.033秒差まで迫る2分02秒573を記録した。最終ラップでもポジションアップはかなわず、そのまま4位。セカンドロウからのスタートが決定した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る