[YAMAHA]MotoGP Rd.2 決勝 ロッシが2戦連続表彰台、ランキングトップをキープ

■大会名称:MotoGP第2戦アメリカズGP
■開催日:2015年4月12日(日)決勝結果
■開催地:テキサス州オースティン/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(5.513km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:27度
■路面温度:36度
■PP:M・マルケス (2分02秒135/ホンダ)
■FL:A・イアンノーネ (2分04秒251/ドゥカティ)

Movistar Yamaha MotoGPのV・ロッシが3位を獲得。チームメイトのJ・ロレンソは、体調不良で万全のコンディションではなかったにもかかわらず力強い走りを披露し、ロッシに続く4位獲得と健闘した。

Circuit of The Americas (COTA)でのレースウイーク中は様々なハプニングがあったが、決勝日もその例外ではなかった。天候に恵まれドライコンディションでのレースを目前にしながら、ウォームアップ直前に第3コーナーに不具合が見つかった。このためスタート時間を遅らせ、コース処理のために37分間を費やしたあと、予定通り21ラップの決勝が行われた。

4番グリッドからスタートしたロッシは、すぐさま3位へ浮上してトップグループのM・マルケス(ホンダ)とA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)を追っていく。7ラップ目にはドビツィオーゾの背後について何度も順位を入れ替えるハードバトルを展開。そしてその翌周には抜き去って2位へ浮上した。さらにトップのマルケスに照準を定めて追い上げを開始するが、なかなか差を詰められないまま、再びドビツィオーゾと競り合うこととなり、最後の6ラップで抜き返されて3位へ。その後もプッシュを続けたが、フロントタイヤを消耗もありペースを上げられず、再度逆転はならなかった。最終的にはトップから3.120秒遅れて3位でゴール。

一方のロレンソは絶好のスタートを切ったあと、第1コーナーで集団に飲み込まれて5位へ後退。トップグループを目標に挽回を図るなかでA・イアンノーネ(ドゥカティ)に追い上げられ、一度は先行を許したものの遅れずについて行きながらB・スミスにも近づいていった。そして10ラップ目にスミスをパスして5位へ復帰。さらにプッシュし続けて残り4ラップでイアンノーネにチャージ。その次のラップではYZR-M1の機敏さを最大限に生かして、あっさりと抜き去り4位へ浮上した。この時点で3位のロッシからは2.705秒離されていたため、ロレンソは後方との差を計りながら4位獲得を確実にすることに集中しチェッカー。トップとの差は6.682秒だった。

シリーズポイントでは、16ポイントを加算して合計41ポイントとしたロッシがランキングトップをキープ。ロレンソは合計26ポイントでランキング5位。

コメント
【Movistar Yamaha MotoGP】
■V・ロッシ選手談(3位)
「ウイーク初日の時点で表彰台獲得を目標にしていたので、その後の3日間の経過にとても満足している。このサーキットは僕らにとって相性の良くない場所だけれど、ウイーク全体を見れば、すべてのセッションで4位や5位に入っていたし、ウエットコンディションでもそれほど悪くはなかった。完璧を求めるならドビツィオーゾを倒さなければならなかったんだけれど、残念ながら彼のほうがちょっとだけ速く、攻め込むチャンスを与えてもらえなかった。それに6ラップか7ラップにわたって激しくプッシュしすぎたので、そのあとは少しおとなしく走らなければならなかったんだ。いろいろな原因が重なって、フロントタイヤを消耗してしまったからね。2013年も2014年も同じような状況だったが、今年は幸い、ブリヂストンが硬めのコンパウンドのものを提供してくれた。おかげで最後まで走り切ることができたわけだけれど、ダメージも大きかったんだ。ドビツィオーゾが言うには、第12コーナーでのオーバーテイクはかなりリスキーだったとのこと。僕のほうは、マシンからそのようなことを感じることはなかったし、むしろマージンを持って走っていると思っていた。確かに激しく接近して抜き差ししたけれど、十分なスペースを保っていたんだ」

■J・ロレンソ選手談(4位)
「気管支炎で体調が悪く、抗生物質を飲んでいたこともあって、僕にとってはとても厳しいレースだった。そのなかで自分にできることを最大限にやれたと思っているよ。僕自身の体調不良に加えてマシンのほうも、コースのいくつかの場所、とくにストレートではまだまだ力が足りなかった。初戦のカタールに続いて今回もまた、問題を克服できずに終わったことは残念だが、ベストは尽くしたつもりだ。次のアルゼンチンまでには病気を治して万全の状態で臨みたい。去年は良いレースができた場所だから楽しみにしているよ。マシンの調子も少しずつ上がってきているので、あとは僕自身の体調管理。楽しんで走ることのできるアルゼンチンが待ち遠しい」

■M・メレガリ、チーム・ディレクター談
「午前中のコースコンディションのせいで、通常の進め方とは違って、決勝でのセッティングがうまく機能するかどうかをチェックすることができなかった。それでタイヤの耐久性をしっかり把握できないまま出走することになってしまった。これについてはウイークを通しての課題だったので不安もあったが、出てきた結果はとても良く、表彰台獲得は去年に比べて格段の進歩だ。一方、ホルヘにとっては非常に厳しい戦いだった。金曜日からずっと気管支炎が治らず、体調が万全でないなかで本来の実力を出し切ることができなかった。今は、次のアルゼンチンに照準を合わせている。チームとしては、バレンティーノがチャンピオンシップをリードして第2戦を終えたことでモチベーションが高まっている」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る