Moto3 決勝:ケントが独走優勝でランク1位に浮上

ランク3位のケントが2012年の日本GP以来となる2度目のポール・トゥ・ウインを決めて、暫定ランク1位に浮上。最年少のクアルタラロと最年長のバスケスが続き、ホンダが2戦連続して表彰台を独占。尾野と鈴木は転倒リタイヤを喫した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る