2つの正常進化

先週から今週にかけていくつかニューモデル試乗会があり、最新モデルに触れることができました。そこで感じたこと、それは二極化の流れ。プレミアムモデルに採用される先端技術はますます進化する一方で、趣味やスタイルで選ぶモデルはさらにファッショナブルに乗りやすくなってきた気がします。

前者としてはKTMの今年の最新モデル「1290スーパーアドベンチャー」が印象的でした。ライディングモードにアクティブサスペンション、トラクション&スタビリティコントロール、コンバインドABS、その他・・・・・・といった具合に電子デバイスてんこ盛りです。特に凄いと思ったのはスタビリティコントロール。コーナリング中にフルブレーキをかけられてしまうのです。

最初は恐る恐る、次第に慣れてきて車体を傾けていきましたが、ガッツンブレーキでも何事もなかったように減速停止してくれます。KTMで実際にテストを担当された方の話では、文字どおりフルバンクからフルブレーキングできてしまうとのこと。これは従来の2輪の常識ではおよそ考えられなかったことです。160psの巨大マシンをたとえダートであっても安全に快適に走らせるためには、もはや電子制御の手助け無しには成り立たないということでしょうか。今後、高性能モデルがさらに進化していくひとつの方向性を見た気がしました。

後者ではハーレーの「ストリート750」やインディアン「スカウト」が楽しかったです。排気量が750ccから1000ccぐらいで車重も軽め。従来のビッグアメリカンというと、大きなスクリーンやカウルと、どっしりと構えたシートが印象的でしたが、最近のクルーザーはライト感覚で乗りやすく見た目もお洒落。走りもなかなかのもので、軽量コンパクトを生かしてけっこうスポーティに走ります。値段もこなれているので、これなら若者や女性などでも気軽に乗れそうですね。これもひとつの正しい方向性です。

先週の東京モーターサイクルショーの話題に続いてですが、なんか最近バイクが一層元気に楽しくなってきている気がするのは私だけではないはず。このままもっと盛り上がってくれるといいですね。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る