[MFJ]JRR 第2戦事前合同テスト 3日目 秋吉耕佑がウエットでトップ

第2戦オートポリス(4月26日決勝)の事前合同テストは、4月10日(金)に3日目を迎えた。この日は、タイヤメーカー枠となり、初日に4メーカー合同枠を走ったライダーは参加できない。天候は朝方から冷たい雨が降り、名物とも言える霧も出てしまっていたが、各ライダーは慎重に走行を続けた。

JSB1000クラスでは、秋吉耕佑が2分02秒751でトップタイムだった。
「1コーナーに霧が出ていたのですが、コーナーに入るときだけで、すぐに視界があったので何とか走れました。気温も低かったので、タイヤのフィーリングを確かめながらマシンをセットアップしました。開幕戦に向けていいテストになったと思います」と秋吉。

他に小島一浩、徳留和樹、酒井大作、寺本幸司などが走行した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る