[MFJ]JRR 第2戦事前合同テスト 3日目 秋吉耕佑がウエットでトップ

第2戦オートポリス(4月26日決勝)の事前合同テストは、4月10日(金)に3日目を迎えた。この日は、タイヤメーカー枠となり、初日に4メーカー合同枠を走ったライダーは参加できない。天候は朝方から冷たい雨が降り、名物とも言える霧も出てしまっていたが、各ライダーは慎重に走行を続けた。

JSB1000クラスでは、秋吉耕佑が2分02秒751でトップタイムだった。
「1コーナーに霧が出ていたのですが、コーナーに入るときだけで、すぐに視界があったので何とか走れました。気温も低かったので、タイヤのフィーリングを確かめながらマシンをセットアップしました。開幕戦に向けていいテストになったと思います」と秋吉。

他に小島一浩、徳留和樹、酒井大作、寺本幸司などが走行した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る