[YAMAHA]Movistar Yamaha MotoGP、第2戦アメリカズへ

■大会名称:第2戦アメリカズGP
■開催日:2015年4月10日(金)フリー走行、11日(土)予選、12日(日)決勝
■開催地:テキサス州/オースティン
■開設:2012年
■コース長:5.513km
■サーキットレコードラップ:2分3秒575(M・マルケス)
■サーキットベストラップ:2分2秒773(M・マルケス)
■2014年の優勝者:M・マルケス(ホンダ)

2週間前にカタールで行われたオープニングラウンドでV・ロッシが優勝を果たしたMovistar Yamaha MotoGP。今週末は、チームメイトのJ・ロレンソとともに第2戦アメリカズGP出場のためCircuit Of The Americas(COTA)へ向かう。

2015シーズンはまだ始まったばかりだが、その初戦では、多くの劇的なパフォーマンスがレースファンを魅了。グリッド8位から激しい追い上げを見せて優勝を果たしたロッシは、第2戦でも好調をそのままに頂点を目指す。ロッシはしかし、ここCOTAでは2013年の6位が最高成績。素晴らしいスタートを切った今年こそ、COTAでの初表彰台獲得を目標に全力を尽くす。

一方のロレンソは、オープニングラウンドで序盤は好調にレースをリードしていたが、その後ヘルメットの不具合で視界が妨げられるアクシデントに見舞われてしまった。しかし今週末は、この苦い経験をさらなるモチベーションのアップにつなげ、YZR-M1を最大限にプッシュしてくれることだろう。2013年には3位を獲得しており、今年もまた表彰台を目指す。

Circuit Of The Americasは2012年に建設され、2013年からMotoGPコースに加わったばかりの新しいサーキット。全長5.513km、反時計回りのコースは、「典型的なヤマハ・コース」と表現されることはないが、高速ストレートとタイトなヘアピンの組み合わせが、見ごたえあるレース展開を約束する。コーナーは左が11、右が9の合計20。ストレートは最長の1,200mに及ぶ。12万人を収容する観客席では、熱狂的なレースファンが戦いを盛り上げてくれるだろう。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る