インディアンから漆黒のチーフシリーズ「ダークホース」が登場!

「スカウト」や「ロードマスター」など昨年末から新型モデルが目白押しの米国・インディアンモーターサイクルから、2016最新モデルとしてChiefDarkHorse(チーフダークホース)が登場した。

同ブランドのスタンダード的位置付けであるチーフクラシックがより伝統的なスタイルとカラーリングであるのに対し、派生モデルであるチーフダークホースはホイール、フォーク、ハンドルバー、エンジンを含む全身をマットブラックで統一した車体や専用シングルシートなどを装備。燃料タンクにはインディアンを象徴する「ウォーボネット」をモノクロで表現するなど、よりクールで都会的な雰囲気に仕上げているのが特徴である。

エンジンは通称「サンダーストローク111」と呼ばれる、排気量1811ccを誇る空冷Vツインを搭載。φ54mmのボア径を持つFIシステムによって緻密に制御され、161.6Nm/3000rpmの最大トルクで車重341kgの巨体を牽引する。駆動系は6速ミッションとベルトドライブを組み合わせ、滑らかで快適な走行フィールを実現している。

一方、シャーシはエアボックス内蔵鋳造アルミフレームとフロントにテレスコピックフォーク、リヤにプリロード調整機構付きのシングルショックを装備。前後ブレーキを合わせてφ300mmのトリプルディスクを備えるなど、パワーと重量に見合ったグレードの足回りが与えられている。

また、鍵をポケットに入れたままエンジン始動が可能なスマートキーシステムや、制動時の安全性を高めるABS、高速クルーズをより快適にするクルーズコントロールなどが標準装備されている点もチーフクラシックと同様だ。

ソロライド専用に割り切ったスタイリッシュなデザインをさらに個性的に演出する、約40種類のアクセサリーパーツが用意されていることも見逃せないポイント。煌びやかなチーフシリーズの中にあって、最も軽量かつアグレッシブな雰囲気を持った、まさに“ダークホース”的なモデルである。なお価格は267万8400円(税込)となっている。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

◆【新車】インディアン、Chiefシリーズ最新モデル「Dark Horse」を発売

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る