[BRIDGESTONE]JMX IA1 Rd.1 熱田孝高・小島庸平が2位表彰台を獲得

スタートで安原志(ヤマハDL)が勢い良く飛び出すも、1コーナー進入で安原はアウトに膨らみその隙に成田亮(ホンダ-DL)、小方誠(ホンダ-DL)が先行。

星野優位(ホンダ-ブリヂストン)・熱田孝高(スズキブリヂストン)・小島庸平(スズキブリヂストン)らがこれに続く。オープニングラップに星野優位が転倒し、上位は成田・小方・小島・熱田・安原のオーダーに。序盤、小島と順位を入れ換え3番手に浮上した熱田が、成田と小方のトップ争いをフォロー。中盤、熱田がまず小方をパスし2番手に浮上。

予選からベストタイムをマークし勢いに乗る熱田は、トップの成田も捉えるが、直後に最終ストレートに向かう2連ジャンプの進入でバランスを崩した熱田はコースアウトを喫しポジションダウン。そこから再び追い上げた熱田は、トップ成田こそ逃したものの、2番手の小方を捉え、再び抜き返して2位でフィニッシュ。小島は4位・新井は6位でチェッカーを受けた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る