[KTM]AMA SX Rd.13 ダンジー&ムスキャンが再び両クラスで優勝を果たす

ミズーリ州で開催された『2015スーパークロス/第13戦セントルイス』。 Bull KTMファクトリーチームから450SXクラスに参戦した#5/Ryan Dungey Ryan Dungey(ライアン=ダンジー)が優勝。今季6勝目を挙げました。また、250SXクラス東地区に参戦した#25/Marvin Musquin( Marvin Musquin((マービン=ムスキャン)も優勝。東地区全7戦中5勝目を獲得しました。

■450SXクラス
この日のダンジーは絶好調。ヒートレースではホールショットを獲得し、周回を重ねる毎にリードを広げ勝利。決勝に駒を進めます。決勝でも好スタートを切り、第2コーナーを抜けると早々にトップに立ちます。それからは安定した速さを見せ、2位に4秒の差を付けてトップでチェッカー。今季6勝目を挙げるとともに、ポイントスタンディングスでは2位以下との差をさらに広げ、80ポイントのマージンを獲得しています。

ダンジーのコメント:
「チームが良い仕事をしてくれた。スタートも良く、そこからの1周にしっかりとリードを築くことを心がけた。勝つことができてとても嬉しい。チームに感謝したい」

■250SXクラス
ムスキャンはヒートレースでホールショットを獲得すると、そのままリードを広げトップでチェッカー。決勝に向け良いスタート位置をキープすることができました。決勝では2番手でスタートしたムスキャンですが、すぐにトップを奪うとリードを広げていきます。そして2位に3秒差を付けてトップでチェッカー。今季5勝目を獲得しました。

ムスキャンのコメント:
「ポイントを広げられて良かった。今日は良い走りができる自信があったし、それを証明することができた」

次戦/第14戦は4月11日(土)、テキサス州ヒューストンで開催されます。

■450SXクラス決勝結果:
1, Ryan Dungey -KTM
2, Eli Tomac
3, Jason Anderson
4, Cole Seely
5, Weston Peick

18, Justin Brayton -KTM
22, Andrew Short -KTM

◎450SXクラスポイントスタンディング
1, Dungey(KTM), 296points
2, Tomac, 216
3, Canard, 204
4, Seely, 198
5, Reed, 183

■250SXクラス東地区決勝結果:
1, Marvin Musquin-KTM
2, Jereemy Martin
3. Joey Savatgy
4, Justin Bogle
5, Anthony Rodriguez
11, Dakota Alix -KTM
21, Shawn Rife -KTM

◎250SXクラス東地区ポイントスタンディング
1, Musquin(KTM) 169 points
2, Bogle , 149
3, Martin , 125
4, Savatgy, 113
5, Hampshire, 84

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る