[KTM]WMX Rd.3 MXGPカイローリとMX2ジョナスが総合で表彰台を獲得

Red Bull KTMファクトリーチームからMXGPクラス(2st250cc以下、4st450cc以下)にエントリーした#222/Antonio Cairoli(アントニオ=カイローリ)は粘り強く走り2-2で総合3位を獲得。レース1で大クラッシュを喫したことを考えると、十分な結果だったと言えるでしょう。

#9/Ken de Dycker(ケン=デ=デッカー)は12-11の総合12位でフィニッシュ。#100/Tommy Searle(トミー=サール)は前戦タイでのクラッシュで怪我を負い、今大会をキャンセルしています。

またMX2クラス(2st125cc以下、4st250cc以下)では、今季新加入の#47/Pauls Jonass(ポウルス=ジョナス)が2-3の総合2位を獲得。#84/Jeffrey Herlings(ジェフリー=ハーリングス)はレース1でクラッシュしリタイヤ、レース2は優勝し総合7位でレースを終えました。

■MXGPクラス
レース1の最終ラップ、C・ディザール(スズキ)とトップ争いを展開していたカイローリでしたがフィニッシュラインまであと数コーナーに差し掛かったところでバランスを崩しクラッシュ。しかしすぐにレースに復帰し、2位でフィニッシュしました。レース2では再びファイティングスピリッツを前面に押し出し、レース1で死闘を繰り広げたC・ディサールを抑えることに成功。2位に入れば総合優勝を手に入れることができるディサールに対し果敢に攻め、カイローリが2位となり総合3位の座を手にしました。優勝を飾ったのはM・ナギ(ハスクバーナ)。ナギは総合優勝も手に入れました。カイローリにとって永年のライバルであるディザールは、第3戦を終え、ポイントスタンディグスでカイローリに10ポイント差を付け、首位をキープしています。

●MX2クラス
ジョナスは好調を維持。常にトップ争いに加わり、2-3で総合2位を獲得しました。しかしジョナスは、レース1のオープニングラップでチームメイトのハーリングスと接触しハーリングスが転倒。ハンドルバーにダメージを受けリタイヤさせてしまったことをとても悔やんでいました。ハーリングスはレース2に復活。オープニングラップから飛ばし早々にトップに立つと、そのままグングン差を広げ、最終的には2位に20秒近くの差を付けトップでゴール。総合では7位となりました。

ジョナスのコメント:
「良いリズムを見つけることができ、ウィークを通して良いバトルを展開することができた。ただハーリングスの転倒に関与してしまったことだけが残念だ。あれは自分のミスだ」

この日1-2で総合優勝を飾ったD・フェランディス(カワサキ)は、ポイントスタンディグスで125ポイントとなり、ハーリングスと同点首位。その直後の3位にジョナスが付けています。次戦/第4戦は4月19日(日)、イタリアで開催されます。

■MXGP/Race1結果
1, Clement Desalle
2, Tony Cairoli – (KTM)
3, Maximilian Nagi
4, Ryan Villopoto
5, Evgeny Bobryshev

■MXGP/Race2結果
1, Maximilian Nagi
2, Tony Cairoli – (KTM)
3, Clement Desalle
4, Ryan Villopoto
5, Jeremy Van Horebeek

■MXGP総合
1, Maximilian Nagi
2, Clement Desalle
3, Tony Cairoli – (KTM)

■MXGPポイントスタンディングス
1, Desalle 133 Point
2, Nagl 123
3. Cairoli – (KTM) 123
4. Villopoto 106
5. Paulin 96

◆MX2/Race1結果
1, Dylan Ferrandis
2, Pauls Jonass – (KTM)
3, Max Anstie
4, Julien Lieber
5, Jeremy Seewer

◆MX2/Race2結果
1, Jeffrey Herlings – (KTM)
2, Dylan Ferrandis
3, Pauls Jonass – (KTM)
4, Tim Gajser
5, Jeremy Seewer

◆MX2総合
1, Dylan Ferrandis
2, Pauls Jonass – (KTM)
3, Jeremy Seewer

◆MX2ポイントスタンディングス
1, Herlings – (KTM) 125Point
2, Ferrandis 125
3, Jonass – (KTM) 112
4, Tonkov 82
5, Covington 81

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る