【MotoGP】HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート

MotoGP開幕 〜ネバーギブアップの精神で果敢に挑む〜

2015年MotoGPの戦いの幕が切って落とされました。シーズン開幕戦のカタールGPは、毎年恒例のナイトレースです。2年連続チャンピオンのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、フロントロー3番グリッドからスタートしましたが、開始直後の1コーナーでオーバーラン。最後尾になってしまったものの、そこから驚異的な追い上げを開始し、22周のレースを終えて5位でフィニッシュしました。また、2番グリッドを獲得したダニ・ペドロサは、腕上がりの症状とも戦いながら6位でチェッカーフラッグを受けました。苦しい状況の中でも、チームと選手が力を合わせ一丸となって戦い抜いたこのレースウイークを、HRCチーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る