【MotoGP】HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート

MotoGP開幕 〜ネバーギブアップの精神で果敢に挑む〜

2015年MotoGPの戦いの幕が切って落とされました。シーズン開幕戦のカタールGPは、毎年恒例のナイトレースです。2年連続チャンピオンのマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、フロントロー3番グリッドからスタートしましたが、開始直後の1コーナーでオーバーラン。最後尾になってしまったものの、そこから驚異的な追い上げを開始し、22周のレースを終えて5位でフィニッシュしました。また、2番グリッドを獲得したダニ・ペドロサは、腕上がりの症状とも戦いながら6位でチェッカーフラッグを受けました。苦しい状況の中でも、チームと選手が力を合わせ一丸となって戦い抜いたこのレースウイークを、HRCチーム代表のリビオ・スッポが振り返ります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る