[DUNLOP]MotoGP Moto3 Rd.1 フォルガー選手が、波乱の開幕戦で初優勝を決める

2015シーズンも、中東カタール、ドーハで開幕戦を迎えた。今シーズンもダンロップタイヤは、Moto2、Moto3クラスのオフィシャルサプライヤーとして、タイヤを供給する。2クラスとも全チームが同じタイヤを使用するワンメイクタイヤのルールが採用されている。

Moto2クラスには、フロントにソフトNo.1と、ミディアムNo.2、リアにミディアムNo.2と、ハードNo.3という、昨シーズンの終盤から使っているタイヤを供給した。

開幕戦は、ナイトレースとして行われるため、変則的なスケジュールで、木曜日の夜から走行が始まった。 予選では、イギリス人のS・ロウズ選手(SPEED UP)が初のフロントローを獲得する。

「初ポールポジションで今シーズンをスタートできて最高だね。予選の最後にミスして転んだけど、問題ない。フィーリングもいいし、明日のレースは楽しみだよ」とロウズ選手。 2位に、J・ザルコ選手(KALEX)、3位に昨年のチャンピオン、T・ラバット選手(KALEX)がフロントローに並んだ。 また、中上貴晶選手(KALEX)は18位につける。 「厳しい予選になってしまった。昨日から変更したんですけど、変わらなかった。明日に向けて対策を練りたいです」と中上選手。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る