元世界王者ケーシー・ストーナーが今年の鈴鹿8耐で復帰!

元MotoGP王者のケーシー・ストーナーが、今年の鈴鹿8耐に参戦することが決定した。これは今年の8耐では間違いなく最大のニュースであろう。

チームは2013年と2014年の鈴鹿8耐を連覇している「ムサシ・アールティ・ハルクプロ(MuSASHi RT HARC-PRO)」から参戦。チームメートはスーパーバイク世界選手権に参戦中のマイケル・ファン・デル・マークと、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦しHRCテストライダーでもある高橋巧との3人体制と盤石の構えだ。

ホンダは現在、鈴鹿8耐では5連覇中で今年勝てば6連覇、ハルクプロとしても史上初となる同一チームで3連覇を狙うことになる。そこに白羽の矢が立ったのが元世界王者のケーシー・ストーナーだ。今年初めにセパンで行われたテストでは好感触を掴んだ模様が伝えられ、初めての8耐への意欲も十二分のストーナー。次は鈴鹿8耐に向けた合同テスト(第1回7月7日・8日、第2回7月14日・15日)に参加する予定となっている。

ストーナーはオーストラリア出身。4歳からバイクに乗り始め2001年には15歳でロードレース世界選手権に参戦。2006年にはLCRホンダよりRC211VでMotoGPクラスにデビューし、第3戦トルコGPでは最高峰クラス初の表彰台(2位)を獲得している。

2007年からはドゥカティワークスに移籍し、開幕戦カタールGPで初優勝を達成すると勢いに乗り年間10勝を挙げて年間タイトルを獲得。クラス6シーズン目となる2011年からはレプソル・ホンダチームに移籍し、RC212Vで自身2度目となるシリーズチャンピオンを獲得した。2012年に引退後は故郷のオーストラリアで4輪レースなどに参加しつつ、2013年からはHRCのテストライダーとしてマシン開発などに協力している。

現役時代のストーナーと言えば、大胆なスライドを駆使した絶妙なマシンコントロールが持ち味。天才肌のライダーとして知られ、2007年における最高峰クラスでの21歳11ヶ月でのタイトル獲得は当時、1983年のフレディ・スペンサーに次ぐ史上2番目の若さでの快挙だった。ストーナーと入れ替わる形で最高峰クラスに入ってきたマルク・マルケスとはその若さと才能、天才的なライディングセンスで比較されることも多い。

今度の舞台は鈴鹿8耐ということで、マシンも違えば走り方も異なるし、コースもGPで慣れ親しんだ「もてぎ」ではなく、耐久のメッカ「鈴鹿」である。

ただ、HRC契約ライダーとして最新マシンにも普段から慣れ親しんでいることであろうし、8耐用のCBR1000RRでもきっと現役時代並みの走りを見せてくれるに違いない。

なお、「2015 FIM 世界耐久選手権シリーズ第2戦“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会」の決勝は7月26日(日)。真夏の鈴鹿に鳴り響くスタートの号砲が今から待ち遠しい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆ホンダ、ケーシー・ストーナーが2015年の鈴鹿8耐に参戦

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る