[Team KAGAYAMA]二人目のライダーにラフィード・トパンを起用

2015年FIMアジアロードレース選手権開幕まで1ヶ月と参戦 準備も最終段階に入りましたTeam KAGAYAMA SUZUKI Asia。すでに発表のあった芳賀紀行に加え、二人目のライダーにインドネシア出身のラフィード・トパン・スシプトを起用したことをここに発表させていた だきます。

トパンは2008年にFIMアジアロードレース選手権アンダー ボーン115ccクラスでデビューをすると、いきなりチャンピオ ンタイトルを獲得。その後、インドネシア国内選手権やマレーシア の国内選手権で毎年タイトルを獲得して行くと、2013年にロー ドレース世界選手権Moto2クラスにフル参戦。

2014年はイ ンドネシア国内選手権に復帰。インドプリ・シリーズ、スポーツ 150ccクラスでスズキから参戦をし、チャンピオンを獲得し、 インドネシアのトップライダーの一人です。

1994年8月24日生まれの21歳。ゼッケンは#25になりま す。

チームは4月1日〜3日、セパンインターナショナルサーキットで 開催される同シリーズの公開合同テストに参加します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る