[Team KAGAYAMA]二人目のライダーにラフィード・トパンを起用

2015年FIMアジアロードレース選手権開幕まで1ヶ月と参戦 準備も最終段階に入りましたTeam KAGAYAMA SUZUKI Asia。すでに発表のあった芳賀紀行に加え、二人目のライダーにインドネシア出身のラフィード・トパン・スシプトを起用したことをここに発表させていた だきます。

トパンは2008年にFIMアジアロードレース選手権アンダー ボーン115ccクラスでデビューをすると、いきなりチャンピオ ンタイトルを獲得。その後、インドネシア国内選手権やマレーシア の国内選手権で毎年タイトルを獲得して行くと、2013年にロー ドレース世界選手権Moto2クラスにフル参戦。

2014年はイ ンドネシア国内選手権に復帰。インドプリ・シリーズ、スポーツ 150ccクラスでスズキから参戦をし、チャンピオンを獲得し、 インドネシアのトップライダーの一人です。

1994年8月24日生まれの21歳。ゼッケンは#25になりま す。

チームは4月1日〜3日、セパンインターナショナルサーキットで 開催される同シリーズの公開合同テストに参加します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る