スズキ、スカイウェイブ、走行中にエンジンが停止するおそれ

■リコール届出番号
3535

■リコール開始日
平成27年4月3日

■届出者の氏名又は名称
スズキ株式会社(代表取締役:鈴木修)
問い合わせ先:お客様相談室
TEL0120-402-253

■不具合の部位(部品名)
電気装置(整流器)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
整流器において、パワーモジュール(電力用複合素子)製造時の吸湿管理が不適切なため、長時間のアイドリング後にエンジンを高回転で持続した場合、冷却フィン付きケースとパワーモジュールの接着が剥がれ、パワーモジュール内部の整流素子の温度が、耐熱温度以上に上昇し、発電電流の制御ができなくなるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、バッテリが充電不足となり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、整流器を対策品と交換する。

■不具合の件数
261件

■事故の有無
無し

■発見の動機
市場からの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールまたは電話等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連の機関誌に掲載する。
・改善実施済車には、車わく(左下部)にNo.3535のステッカーを貼付する。

■車名
スズキ

■型式
BA-CJ44A

■通称名
「スカイウェイブ」

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間リコール対象車の台数

・型式:BA-CJ44A 車台番号:CJ44A-108537からCJ44A-110936
平成19年2月19日-平成19年8月31日
2,340台

・型式:JBK-CJ45A 車台番号:CJ45A-100043からCJ45A-108832
平成19年2月14日から平成24年2月29日
8,757台

・型式:JBK-CJ46A 車台番号:CJ46A-100020からCJ46A-114529
平成19年8月25日から平成24年2月29日
14,377台

・型式:BC-CK44A 車台番号:CK44A-101846からCK44A-103517
平成19年7月16日から平成20年9月10日
1,568台

・型式ELB-CK45A 車台番号:CK45A-100026からCK45A-100983
平成21年4月2日から平成24年1月28日
879台

■合計
計5型式/計1車種
27,921台

■製作期間の全体の範囲
平成19年2月14日〜平成24年2月29日

(備考)本届出は、平成23年2月17日付け、届出番号「2708」にてリコール届出を行ったものと同様の不具合ですが、スカイウェイブの対象範囲外の車両およびリコールの交換部品において、同種不具合が発生したことから、対象範囲を拡大し、再度、リコールを実施するものです。

【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  2. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
  3. 【PR】 高級感は圧倒的、走りもスポーティに進化する 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  4. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
ページ上部へ戻る