[YAMAHA]MotoGP Rd.1 予選 大接戦の予選でロレンソがセカンドロウを獲得

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシは、ロサイル・インターナショナル・サーキットで夜間に行われた公式予選で、それぞれ6位と8位を獲得した。

15分間の予選セッションでロレンソは、前方にスペースが空くのを待って最後尾からスタート。すぐさまペースを上げ、1回目のアタックで1分55秒の壁を破って1分54秒803を記録しポジションは4位とした。残り時間5分を切ったところでタイヤを新品に履き替え、最後のアタックにすべてをかけて臨んだロレンソ。タイムは1分54秒711へと更新したものの、順位では6位へ後退してこの日の走行を終了した。トップとの差は0.598秒。

一方のロッシは早々にコースインし、多くの時間をタイムアタックに費やした。序盤で1分55秒192を記録して一時、4位につけたが、その後8位まで後退。次に1分54秒995へ短縮すると、ふたつ上げて6位となった。このあとタイヤを交換して再度アタックに臨み、1分54秒851まで更新。これで一時は7位につけていたが、ライバルたちのペースが上がると8位へ後退した。トップとの差は0.738秒だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る