[HONDA]WMX Rd.3 ポーリンが総合5位、バブリシェフが総合8位

Team HRCのゴーティエ・ポーリンとイブジェニー・バブリシェフは、3月29日(日)に行われたアルゼンチンGPで、それぞれ総合5位と8位に入りました。しかし、この日の戦いは、結果以上に成果のあるものでした。

レース1は、スタートから序盤数周にかけて降った少量の霧雨が降るコンディション。バブリシェフは力強いスタートで1コーナーを3番手で通過し、その後8番手まで落ちながらも、5位まで追い上げてフィニッシュしました。この戦績は、昨年バブリシェフがシーズン後半を棒に振る大ケガを負う直前に戦ったイタリアGPのレース1以来となるベストリザルトとなりました。ポーリンは、1周目16番手からばん回を始め、6番手まで浮上。その後クラッシュで9番手まで下がったものの、再度6位まで順位を上げてチェッカーを受けました。

レース2も同じような状況で始まり、バブリシェフが3番手、ポーリンは16番手。しかし、ポーリンが7位でゴールし、ランキング5位になったのとは対照的に、バブリシェフは1周目の転倒で指を負傷したため、2人そろっての好成績とはならず、10位にとどまりました。それでも、巻き返しの途中にいるバブリシェフにとっては、今回の成績は昨年のケガからの復調の兆しになりました。

MX2クラスでは、Honda Gariboldiのティム・ガイザーが前戦からばん回し、レース2で4位、総合では5位に入賞しました。前日の予選レースでは15位、さらに決勝レース1でも2周目の転倒で20番手まで転落し、苦しい追い上げを強いられたガイザーですが、CRF250RWを12位まで押し上げてゴール。レース2では、1周目の3コーナーで16番手という位置から追い上げ、その後は表彰台に上がれる実力を示す走りを披露。敢然と4位まで追い上げて、3位にあと少しのところまで迫りましたが、そこで時間切れとなりました。

前回のタイGPのレース1では3位フィニッシュ、今大会のレース2でもポディウムまであと一歩と迫ったガイザーは、今シーズンもチャンピオン争いに加わるスピードを有していることを示しました。昨シーズン終盤の優勝や、今年のスピードからも、今季はさらに多くの表彰台登壇が期待されます。

コメント
■ゴーティエ・ポーリン(MXGP 6位/7位 総合5位)
「難しい一日でした。思ったような好スタートを切ることができず、中団で苦しみました。ただ、結果としては総合5位で、ランキング5位を争えています。今はひとまず次戦のイタリア(トレンティーノGP)に集中し、すべてがうまくまとまるように努力していきたいです」

■イブジェニー・バブリシェフ(MXGP 5位/10位 総合8位)
「レース1で5位入賞、レース2では一時3番手を走行と、この週末はまた一歩前進したような気がします。スタートは2回ともうまく決まったのですが、レース2では転倒によってまた追い上げを強いられることになりました。リザルトは全然自分らしくないですが、今回の走り自体には満足しています」

■山本鯨(MXGP 23位/23位 総合23位)
「アルゼンチンを訪れるのは初めてですが、とても美しくてすばらしい国だと思います。コースもよかったのですが、サンド質の路面は自分にとっていい経験になりました。イン側のラインはとても滑りやすく、アウト側のラインは深いのに速かったです。どこへ行ってもすべて全開走行を強いられました。今シーズンは新しいチームに移籍しましたが、毎戦よくなってきています。CRF450Rが気に入っていますし、自分の走りも毎戦向上しています。今週末を振り返るとまあまあという感じでした。以前はサンドで苦戦しましたが、最近は徐々に上達しているので、この調子で攻めるのみです」

■ティム・ガイザー(MX2 12位/4位 総合5位)
「今週末はどこかおかしく、ずっともがき苦しんでいました。普段の自分とは違って、リラックスできないまま、硬い身体でマシンに乗っていたのです。レース1ではスタートに失敗した上に転倒し、そこからリズムを崩してしまうなど、すべてがひどすぎました。レース2ではかなり改善され、スタートではほとんど最後尾でしたが、1コーナーのイン側と2コーナーのアウト側にいいラインがあったので、そこで何台も抜くことができました。それからは少しリラックスできて、レース内容もそれほど悪くはありませんでした。3位を目指してがんばったのですが、スタートの悪さが最後まで響きました。土曜から日曜の前半までは最低だったのが、後半で持ち直してなんとかいい形で締め括ることができました」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る