【新製品】ミシュラン、公道走行可能なサーキット用タイヤ2種を発表

日本ミシュランタイヤがレースからサーキット走行まで楽しむことを目的に開発された公道走行可能なサーキット用タイヤ「MICHELIN POWER CUP EVO(ミシュラン パワー カップ エボ)」と「MICHELIN POWER SUPERSPORT EVO(ミシュラン パワー スーパースポーツ エボ)」を発表、2015年夏から順次発売される。

以下、プレスリリースより

今回発売する「MICHELIN POWER CUP EVO」は、スーパースポーツ車両でのサーキット走行を主体にライディングを楽しむ方をターゲットとし、サーキット走行でのタイムアップを主眼に置いたタイヤ作りを目指し開発しました。
ミシュランはその目標を達成するために、レーシングタイヤ「MICHELIN Power Slick」をベースに使用し、高いサーキットパフォーマンスを持った製品開発を実現させました。
「MICHELIN POWER SUPERSPORT EVO」は、スーパースポーツ車両をターゲットにサーキット走行での使用を念頭に置きつつ、一般公道の走行に必要な性能を犠牲にしないタイヤ作りを目指し開発しました。新たにリアタイヤに投入されたACTテクノロジーや2CT+などの技術を用い、サーキットでの走行性能は勿論、寿命を犠牲にすることなくドライ、ウェット路面でのグリップ性能を高次元で両立しました。

この二つの製品はミシュランのレースに掛ける情熱とそこで得た技術をすべてのライダーへフィードバックするというミシュランの思いを感じ取って頂ける製品です。レースの世界は極限での使用状況で新しい技術を確認するには最適な研究所なので、レースへの積極的参加はミシュランが創業以来続くミシュランのDNAと哲学の大切な一部です。特にレーシングタイヤとハイパースポーツタイヤの開発における相乗効果は現在とても大きなものがあるのです。

「MICHELIN POWER CUP EVO」製品概要
・製品技術
1.MICHELIN Adaptive Casing Technology (ミシュラン・アダプティブ・ケーシング・テクノロジー)
 ●直線からコーナーリングに至るまで様々な角度に対応したケーシング構造を採用。ショルダー部にかけて徐々に剛性が増すように最適化された内部構造は特にコーナーリングの安定性に効果を発揮します。

2.2CT: Dual-Compound Technology( デュアル・コンパウンド・テクノロジー)
 ●センター部分には耐久性の高いラバー・コンパウンドを、ショルダー部にはグリップ力の高いコンパウンドを配置することでロングライフと安全性を両立しました。

3.SCT: Synthetic Component Technology(シンセティック・コンポーネント・テクノロジー)
 ●合成ゴム化合物MRSE(ミシュラン・レーシング・合成エラストマー)とHTSC樹脂(ハイテク合成化合物)の採用により、グリップ力を発揮する温度域までできるだけ早く温まるように設計されています。サーキット走行などで、走り始めてすぐにグリップ力を発揮し、最大リーン角まで倒し込むことができるタイヤを目指しました。

4.NST: Near Slick Technology(ニア・スリック・テクノロジー)
 ●トレッド部におけるグルーブの比率を5%以下とし、スリックタイヤにとても近いタイヤです。 グルーブを減らし、特に中央部とショルダー部では完全になくすことで、幅広い接地面を確保しています。40°から60°の深いリーン角でも高いグリップ力を発揮します。

・発売サイズ

「MICHELIN POWER SUPERSPORT EVO」製品概要
・製品技術
1.MICHELIN Adaptive Casing Technology (ミシュラン・アダプティブ・ケーシング・テクノロジー)
 ●直線からコーナーリングに至るまで様々な角度に対応したケーシング構造をリアタイヤに採用。 ショルダー部にかけて徐々に剛性が増すように最適化された内部構造は特にコーナーリングの安定性に効果を発揮します。

2.2CT+: Dual-Compound Technology +( デュアル・コンパウンド・テクノロジー・プラス)
 ●リアタイヤのトレッドショルダー部のソフト・ラバー・コンパウンドのベースにハードラバー・コンパウンドを使うことにより、コーナーリング時の最適な剛性を確保。特にコーナーの立ち上がりにアクセルをワイドに開けた時のスタビリティーが向上しました。

3.2CT: Dual-Compound Technology( デュアル・コンパウンド・テクノロジー)
 ●フロントタイヤセンター部分には耐久性の高いラバー・コンパウンドを、ショルダー部にはグリップ力の高いコンパウンドを配置することでロングライフ性能と安全性を両立しました。

・発売サイズ

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る