[DUNLOP]AMA SX Rd.1 450SX トマックが10戦ぶりに2勝目をゲット!

自動車産業の都市、デトロイトの中心街にスーパークロスが戻ってきた。フォード・フィールドに設けられたコースには、昨年同様に観客席に土を敷いたアップダウンセクション「ポンティアック」がフィーチャーされていた。これは1976〜2005年までデトロイト郊外のポンティアック・シルバードームで開催されたスーパークロスの名物セクションで、会場がフォード・フィールドに移転してからも踏襲されてきた。

前日までに十分な撒水が施されたコースは、プラクティス開始時には湿っていてワダチができる部分もあったが、乾燥の進み方は意外と早かった。コースレイアウトの特徴としては、前述の「ポンティアック」に加えて、ストレートを長方形フロアの短辺に配したショートスタート、半径が大きなコーナーに約1メートルの深さで砂を入れたサンドセクション、短めのフープスなどが挙げられる。テクニック面では、リズムセクションの山を4個跳び越すクワドができるかどうかが鍵となった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る