[SUZUKI]MotoGP カタール オフィシャルテスト2日目 両ライダーとマシン調整に懸命に取り組む

カタールのインターナショナルサーキットでおこなわれているオフィシャルテスト2日目、チームスズキエクスターはマシンセッティングに追われながら、翌日のテスト最終日に向け、各課題の内容について検討した。

この日おこなわれたテストセッションの最終結果では、1秒以内に14名のライダーがひしめくという緊迫した状況であった。

もちろんチームスズキエクスターのアレイシ・エスパルガロ、マーベリック・ビニャーレスはこの中に含まれ、これはチームスズキエクスターのマシンセッティングプランがうまく進んでいる結果といえるだろう。

2週間後に迫った開幕戦カタールGPへ向け、エスパルガロとビニャーレスの両ライダーは、テストのほとんどをハードタイヤを装着したGSX-RRのセットアップに費やした。エスパルガロは、昨日よりもこの日のセッティングに苦戦し、33ラップ中の22ラップ目にベストタイム1分55秒795を出すも、テスト初日の自身のベストラップには及ばず、全体では12番タイムで終了。一方のビニャーレスは徐々にペースアップしながら、42ラップ中の31ラップ目に1分55秒810を出し、昨日から0.3秒アップの14番タイムとした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る