ホンダ、原付スクーター「Dunk」 燃料が漏れるおそれ

ホンダは、50cc原付スクーター「Dunk」のリコール届け出を2015年3月19日に国土交通省へ提出した。燃料タンクのフューエルトレイドレンチューブの取付け位置が不適切なため、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

以下プレスリリースより

■改善対策届出番号
463

■改善対策開始日
平成27年3月20日

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状態及びその原因
(1) 燃料タンクのフューエルトレイドレンチューブの取付け位置が不適切なため、雨天走行でドレンチューブ排出口から入った雨水が燃料タンク内に浸入することがあります。そのため、燃料ポンプが水を吸い込むとエンジン不調となり、エンジンが停止するおそれがあります。また、浸入した水の影響により、燃料タンク底部が錆び、そのままの状態で使用を続けると錆が進行し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがあります。

(2) 燃料タンクのフューエルトレイの形状が不適切なため、後ろ傾斜地で駐車中にフロアから入った雨水等がフューエルトレイに溜まり、燃料タンク内に浸入することがあります。そのため、燃料ポンプが水を吸い込むとエンジンが始動できないおそれがあります。また、浸入した水の影響により、燃料タンク底部が錆び、そのままの状態で使用を続けると錆が進行し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがあります。

■改善対策の内容
フューエルトレイドレンチューブを清掃し、取付け位置を変更するとともに、フューエルトレイを対策品に交換します。また、燃料タンク、燃料ポンプ、インジェクター、燃料ホースを新品に交換します。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知します。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載します。
・改善実施済車には、その旨を点検整備記録簿に記載します。

■車名
ホンダ

■型式
JBH-AF74

■通称名
Dunk

■対象車の車台番号の範囲及び製作期間/対象車の台数
AF74-1000048〜AF74-1013454
平成25年12月26日〜平成26年11月26日
13,391台

※対象範囲の一部には、改修対象ではない車両も含まれています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る