【新製品】SHOEI、VFX-Wシリーズのグラフィックモデル「MAELSTROM」を発売

SHOEIは、全米を始め世界各国のモトクロスライダーを魅了するVFX-Wに、グラフィックモデル「MAELSTROM」(メールストロム)を新たにラインナップした。

希望小売価格は53,000 円 (税抜)で、2015年6月発売予定。5月5日までの受注限定となっている。

以下公式サイトより

【製品仕様】
■製品名
VFX-W 「MAELSTROM」(メールストロム)

■希望小売価格
53,000 円 (税抜)

■発売日
2015年6月発売予定
※5月5日までの受注限定

■構造
AIM+ (Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。

■規格
JIS規格、MFJ公認

■サイズ
S (55cm)
M (57cm)
L (59cm)
XL (61cm)

■付属品
バイザー、布袋、マッドガード、バイザー反射防止シート

■カラー
・TC-1 (RED/BLACK)
・TC-4 (GREEN/BLACK)
・TC-8 (ORANGE/BLACK)

▼VFX-W 「MAELSTROM」(メールストロム)/カラー・TC-1 (RED/BLACK)

▼VFX-W 「MAELSTROM」(メールストロム)/カラー・TC-4 (GREEN/BLACK)

▼VFX-W 「MAELSTROM」(メールストロム)/カラー・TC-8 (ORANGE/BLACK)

【ベースモデル VFX-Wの主な特徴】

■シェルデザイン
スポーツギアとしてのデザイン性とレースに不可欠な機能性が融合
SHOEIの長年にわたる経験とノウハウ、さらに新たな技術によってつくり上げることが可能となった、アグレッシブかつ斬新なデザインを採用した、VFX-Wの完全新設計シェル。スポーツギアとしての魅力を存分に放つとともに、最高峰モトクロスモデルにふさわしい機能と安全性を兼ね備えています。

アイポートは、ゴーグルとのフィッティングを考慮したワイド設計。シェル側面から後頭部にかけては、ゴーグルバンドを最適なポジションにホールドすることを意識したエッジをシェルにデザインし、安定した視界を確保すると共に、シャープなフォルムがVFX-Wを象徴するデザインアクセントにもなっています。

■ベンチレーション
低速域から確かな換気性能を発揮レース後のメンテナンスも簡単
運動量の多いオフロードライディングではベンチレーション性能も重要な機能の一つと言えます。VFX-Wではアイポート上端と、バイザーを通した前頭部より、効果的に走行風をヘルメット内に導入。熱気・湿気はエアルートを通り吸い上げられ、頭頂部と後頭部に設けたV字型のアウトレットと、ネックアウトレットから排気されていきます。

これらベンチレーションはオフロードでの使用状況を考慮して、パーツ別体とすることを避け、容易に洗浄やメンテナンスができるシンプルな構造としました。

>>その他詳細はこちら

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る